【人妻】 犯される度に美しく 卯水咲流

ノーメイクにメガネ…全く洒落っ気のない智代。田舎から上京して就職、結婚。平凡ながらも幸せな日々を送る彼女だったが、コンビニでのアルバイト、そして店長からの誘惑をきっかけに自身の人生観を変化させていくのだった…。犯される度に美しく 卯水咲流 – DMM.R18

パッケージ画像

犯される度に美しく 卯水咲流 パッケージ画像

キャプチャー画像

犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 1枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 2枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 3枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 4枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 5枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 6枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 7枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 8枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 9枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 10枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 11枚目犯される度に美しく 卯水咲流 キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

女はやっぱり抱かれることで美しくなるローン返済を助けるためコンビニでバイトを始めた人妻の「卯水咲流」だが、子供が出来ない彼女の悩みを聞く店長の「自分のための人生」云々の甘言ならびに半ば強引な押し倒しに体を許してしまう。「ダメです」と拒みながら突かれて感じる弱さ、最初は眼鏡をかけていたのに、SEXを重ねて外していく心の移ろい、どれも見事。自分というものに目覚めてからはキレイに、店内でフェラするくらいエロくなって、性交も幸せそうだ。

雑誌掲載コメント

夫以外の男性に抱かれて綺麗になっていく妻咲流地味な奥さんを演じるため、作家の井上○さしみたいなメガネ姿で登場する、卯水咲流サン。瓶底メガネは、元芸能人美女もたちまちブスに見える必殺アイテムだ。バイト先の店長とのHもメガネのお陰で、背徳感よりブサイク感が先に来てしまう。しかし外した時ぼギャップに相当萌えたから、演出に必要な小道具だったのだろう。綺麗になった咲流は、店長の前でお股おっ広げのはしたない格好でSEXさせられる。「恥ずかしい、でも感じちゃう」と女の悦びを全開にする彼女。お尻の山にポツンと佇むホクロまで美人っぽい。夫以外の男に中出しまで決め込まれ、股に精子を挟んだ状態で我に返る奥さん…もう遅いってば。 (月刊DMM – 平川)

動画を見た感想

咲流って、さるー?さりゅー?相変わらず場面がシャッフルされたサンプル動画で
ユーザーに展開を悟らせない趣旨にイラつく今日この頃、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

往年のキ○コのような冒頭はさておき、
この作品は収録時間が短い分テンポ良く進む。
その分、展開に意外性は少ないので可もなく不可もなく。

ただどうしても咲流ちゃんの感度の良さが滲み出ちゃうので
寝取られの早い段階で感じちゃうのを我慢してるのが伝わるのはご愛敬。
あと、前半に「どうしてお化粧しないの?」と田淵君に聞かれる場面があるが
実際はしっかり化粧してたので、そこは本当にすっぴんで勝負しても良かったのでは。

それでもこれまで同じような脚本で飽きかけていた咲流ちゃんを
そこそこ上手いこと料理してくれた事は喜ばしい。

磨きを掛けて本格的にNTR女優の仲間入りを果たしてもらいたい。

女優さんが作品に合わないジャケ写やサンプル写真を見れば分かりますが
この女優さん、「綺麗な都会系のお姉さん」という感じです。

作品説明に「ノーメイクにメガネ…全く洒落っ気のない智代」とありますが、
1枚目のサンプル写真を見て誰もそうは見えないでしょう。

元々顔立ちがハッキリしていて都会美人系の女優さんに
「洒落っ気がなくて、犯される度に美しく」ってのはどう考えてもおかしいと思う。
最初から綺麗なのですが・・・。

こんな都会系のお姉さんが意味不明なメガネ掛けますか?
コンビニで制服着て働いてると思いますか?

女優さんは良いのに作品のコンセプトと全く合ってないです。

クソブスから美女へのギャップが効いてる作品を見ずにサンプルだけでレビュー書いてるのがいるようだが信用してはいけない。
中身を見れば、髪型やダサい眼鏡を利用しよくぞここまでというくらい地味でダサい
クソブスになった女優の見事な変身っぷりが分かるはずだ。

いかにもなぎららしく基本的にはあな許路線だが、クソブス主婦が犯されることで
女優本来の美形に変わっていくギャップの演出が効いており久しぶりに独自性を
感じさせる作品になっている。

やたら男優を脱がせたがるなぎらにしては珍しく最初のカラミで男優の
コンビニコスを脱がさなかったのもポイント高め。田淵の責めも円熟の域で
チ○コを奥まで押し込んで動きを止め、犯された女の姿をじっくり味わう
サディスティックさも素晴らしい。

被虐感や絶頂感がいまいち不足で満点には届かないがなぎら作品では久々の当たり。

演技が上手いお気に入りの女優さんです。

普通は飛ばしちゃう冒頭のシーンですが
たまたまちゃんと見たら演技が上手いですね~
全然違和感がなくて良い感じです。
その流れのまま絡みへと続くのは高評価です。
嫌がる仕草とか良い感じでそそられますね。

中盤のシャワーを浴びながらの絡みは官能映画のワンシーンみたいで
お気に入りポイントです。(抜けるかどーかは別ですが・・・)

後半の怒涛の絡み連発も咲流ちゃんの魅力たっぷりでおすすめです。

アッタッカーの新境地美しくエロチックにあなた許してがマンネリ化していた中で、新しいハードロマンが出現した。普通の地味な女性がちょっとしたはずみで堕され、男のテクニックで本性が覚醒され、おぼれてゆく。卯水の
白く流れるような体が田淵の執拗な攻めにより、ピンク色に染まり、愛液を滴らせる。初めは苦しげな表情が次第にあえぎ、
歓喜へと変化してゆく。卯水は自然に演じている。このような新鮮な作品を期待する。
展開不足「あなた、許して…」の亜流という感じがアリアリだが、「夫の目の前に」にしてもそうだが、後半つなぎのシャワーの水しぶきイメージ映像の積み重ね、少々飽きがきた。この部分をしっかり撮って最後のシーンはもっと短めでいいと思う、今日この頃である。

それはそうとして、メガネを抱えさせればジミな主婦というイメージは凡庸すぎないかメガネを抱えて輝くというのもありだと思う。

ストーリーとしては、家計を助けるためにコンビニで働く主婦が店長に見初められて落ちていき、社員待遇をネタに犯されて(仮眠室という和室が広すぎて笑える)そして自宅に迎い入れるまでというもの。

最後はメガネを外して化粧してさっそうとビジネスウーマンらしく歩くさまを以前の暗めに歩く映像と重ね合わせてエンドのシーンはよかった。しかし、いかんせん展開が平凡。

なぎら建造 にしてはイマイチ、田渕もイマイチなぎら建造 作品のハードルはたかく、秀作を期待する。
そういう面から見ると多少物足りない作品だ。
このシリーズでは「小川あさ美」の作品の方が上。
女優の演技力がイマイチ不足で、それを田渕が救いきれない
物足りなさがある。
なぎら建造 も監督・監修も含めると月に7・8本は少し
作り過ぎで(ただ、なぎら建造 は最高の監督だと尊敬する)
中にはやっつけ作品が出ることはしょうがないのかなあ。
地味な主婦が美しく変身し青森で生まれ、高卒後上京し、事務員として働いていたが、結婚退職した「高城智代」(卯水咲流)。夫(青木啓祐)との間に子供はないが、それなりに幸せだ。武骨な眼鏡をかけ、ノーメイクで暮らす。
マイホームのローン返済の助けになればと、コンヴィニ店長「田淵正浩」の面接を受け、パートに採用される。
田淵にバーに誘われ、「ちょっと失礼します」と眼鏡を外される。「ああ、やっぱり綺麗だ。ね、もっと自分に自信を持った方がいいですよ」
コンヴィニの事務所で正社員の話を持ちかけられて喜ぶが、「そのためには奥さんのことをもっと知っておきたいんだ」と唇を奪われる。
仮眠室で布団に押し倒される。「本当に困ります。やめてください」と抗いながら、乳吸い、クンニ、イラマされる。正常位で犯され、屈曲位、後側位、撞木反り、後背位、屈曲位で「ああ、奥さん」「駄目、駄目、駄目、駄目、やめて、やめて」と懇願しながら、膣内射精される(擬似)。
正社員の話を無邪気に喜ぶ夫に、罪悪感を禁じ得ない。
田淵の自宅のベッドに連れ込まれる。「店長、これで最後にしてください」「何言ってるんだ。これから始まるんだよ。これから楽しくなるんじゃないか」と乳揉み、乳吸いされ、太腿や尻をまさぐられ、足指や陰核を舐め回される。舌を絡まれ、手コキ、即尺。正常位、後背位、伸脚後背位、杵担ぎ、正常位、前座位、屈曲位で中出し。
化粧してみるが、夫に気付かれない。
コンヴィニのバックヤードで田淵に唇を貪られる。立ちバック、立位ではめられ、フェラし、顔射。
コンタクトにし、ネックレスをつけて出勤。夕陽の射しこむ仮眠室で田淵を即尺し、後背位、立ちバック、立位、騎乗位でまぐわう。浴室でシャワーを浴びながら手コキし、立ちバック、立位でよがる。
田淵を自宅に引き込み、夫婦のベッドで舌を絡める。ネッキング、乳揉み、乳吸い、手マン、クンニ、指マンされ、手コキし、陰茎や睾丸をしゃぶる。亀頭を膣口あてがわれ、「すごい濡れてる、すごい濡れてる」「そんなに言わないで」「いっぱい濡れてる」と挿入され、「ああ、気持ちいい」。杵担ぎ、正常位、前座位、騎乗位、後背位、裾野で「出ちゃう」「出ちゃう?」「出ちゃう」「あっ、あっ、あっ、あっ、すごい、すごい、気持ちいい」「ううっ」と膣内射精される。
美しく装って出勤する智代。
中山忍似の咲流さん。美肌でスレンダーだ。美乳は84センチ。
田淵のtensionが、なんかイマイチという印象
咲流というと、派手な顔立ち、slimなnice body(貧乳
だけど)、高いtension、喘ぎ声—-という印象だけど、
メガネ不細工のメイクには、オヨヨ!

なぎら監督作品って、どんなtitleの作品でも、作りは
どれも「夫の…」。

なんか、イマイチでした。

このエロ動画はどうでしたか?