【人妻】 あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな

夫が腹痛を訴えるも多忙を理由に病院に行かず、結果入院。診察を受けさせていれば…と自分を責めた奈々子は夫の看病に精を出した。入院患者・河合は献身的な奈々子に欲情し、カーテン越しの夫妻に聞き耳を立てるのであった。あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな – DMM.R18

パッケージ画像

あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな パッケージ画像

キャプチャー画像

あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 1枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 2枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 3枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 4枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 5枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 6枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 7枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 8枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 9枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 10枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 11枚目あなた、許して…。 男やもめのブルース3 春菜はな キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

肉よくたまらんボディをしっとりドラマチックに堪能入院した旦那を献身的に看病する妻の「春菜はな」に、隣のベッドの患者が目をつける。先に退院したその男は、自宅で彼女が一人のところを押し倒すのですが、「いや…」と言いつつ派手な抵抗はいたしません。今回のはな嬢は可憐な人妻です。演技が気負い過ぎの印象があった彼女だけど、溜池さんを経て演技に落ち着きと艶っぽさが出てきましたね。おかげで揺れるKカップの爆乳もデカ尻もしっとり堪能。いい相乗効果が出てます。

雑誌掲載コメント

ついに髪を綺麗に梳いて暴漢を待つ女になった私……アタッカーズAVのヒロインに求めるものの大きな要素は「お嫁さんにしたい」感だ。春菜はなは、もう完璧にそこを満たしてくれるので、冒頭からおっちゃんはカウパーが出たし、ああっ可哀相! と手に汗とナニを握って作品に没頭できるわけ。わかるよね? はなの旦那は過労で身体を壊して入院している。以前から腹痛を訴えていたが、はなは多忙な旦那を無理してでも病院に連れて行かなかった自分を責めている。そんな貞淑な妻だ。癒し系で奥ゆかしく、首から下は爆乳が映えるダイナマイトボディ。もう完璧に憧れる嫁さんです。旦那を見舞う際に、まだ妊娠していないのに、赤ちゃん用の服を買ってきて見せる。退院したら、早く赤ちゃんを作ろうネ、との会話がグッと来る。同じ病室のカーテン越しの隣のベッドに入院しているのが佐川銀次扮するレイパーだ。病院内で、はなを待ち伏せて、言う。「夜、寂しいでしょ?」 はなは当然、銀次を嫌悪するが、旦那より先に退院した銀次が家に訪ねてきた。旦那に借りていた本を返したいというので招き入れる。ここで、銀次の奥さんがあの病院で病死したことが彼の口から明かされる。「オレは多忙にかまけて女房の癌に気づいてやれなかった」と自分を責める姿を見て情にほだされる。銀次は性欲を制することができず、抵抗するはなをソファで犯す。脱がしながら、「本当は誰かとこんなことしたかったんじゃねーのか?」「そんなことないですッ」。事後、「濡らして感じてたじゃねーか」。悪党にして、男前なアタッカーズ世界の主人公。こいつらの哲学であり美学に同化できないと興奮できないし、アタッカーズAVのシナリオは書けそうで絶対に書けない。春菜はなAVの醍醐味のひとつは、顔より大きいおっぱいがボロンッと出る瞬間だ。今回は13分25秒目だったが、おっぱい痴女物じゃないので、そこに重点は置かれなかった。ソファで銀次が、がさごそブラを外しながら乳を揉んでいるうちに乳首見えとるがな、というショボーン顔文字が浮かぶ残念なポロリだったし、銀次のリアクションも皆無。しかし、ここが重要なのだ。銀ちゃんが「わっ。で、でけえなオイ!?」と老眼鏡でもかけて乳を見始めるヤスい暴漢だったら、はなちゃんは以降の彼とのFUCKを断固拒んだはず。1カラミしかない30分作品になっていただろう。VHSテープ時代のAVやがな。巨乳ではなく心の寂しさを埋めてくれるいい女として求められているとわかったから拒絶しきれず、正常位で責められている最中、ついに「許してッ」と旦那への謝罪の言葉を発するのだ。身体も心も奪われ中出しされてしまう哀れなヒロインにワイも心と海綿体を奪われた。ラストは旦那が退院し、後日、嗚呼、はなちゃん妊娠発覚。名作です。 (月刊DMM – 沢木毅彦)

動画を見た感想

無駄遣い。思った以上に演技が酷い。期待した露出も終盤までない。彼女は乳よりも
むしろ浅黒い肌と身体全体からなるムチムチ感というものが生命線。それら
を官能的に活かすような演出や脱がし、プレイを「多く」やって欲しかった。

なぎら演出自体が劣化、または飽きられている状態なので、女優や男優の出
来が良くなければ、作品そのものがまず成り立たない。リアルタイムで落胆
しながら、後はただダラダラとマンネリ演出を観せられるだけだ。

その上さらに個人的な視聴環境の自由度さえ奪われているとなると、もはや
セルユーザーにとって何の利点もない。無理して今観るほどの内容ではない。
レンタルで十分。

ハァ…_| ̄|○
社会人の少ない小遣い…、他のにしとけばよかった、、(泣)

やっと大人の色気が出て来た素晴らしい出来で、演出(演技指導)の成果だと・・
きゃんきゃんうるさいだけの、これまでの喘ぎ方を封じて、低く抑えた喘ぎで色気が数倍になった・・
声のトーンを低く抑える事を覚えればいいとずっと思っていたが、今作でやっとかなえられた・・
銀二とのSEXでどれだけ感じて逝ってるかは、皺勃つ乳首が何より物語っている・・
今後、最も期待出来るAV女優になった・・

おとなし目の作品はなさんはかわいらしく、豊満ボディはエロかったです。
ただ、展開がすんなりと進んでいって、陵辱感やいやらしさが足りなかったように思います。カメラアングルもイマイチでした。
なぎら作品にしては、平凡な感じがしました。
既視感が否めない「サイレントレイプ声を出せない私3罪深き絶頂に震えて青山葵」に似たようなストーリー設定。どうしても比較してしまう。
今思うと青山葵が上手過ぎたのかもしれないが、緊迫感や興奮させるシーンもあちらの方が上で2年前の作品より劣化では評価が低くなる。

「私、そんな女じゃありません」的セリフもこの手のシリーズにとっては、既にワンパターンで全てに既視感が否めない。そうなると、過去の優秀な作品のイメージがあり、それとの比較になるので分が悪い。
それにしても”男やもめのブルース”ってかなり間隔(4年ぶり?)があいたが、今頃どうして?感もある。

男優は良かったが銀次の巨根といやらしい乳との肉弾戦は良かったが最初の嫌がる所はまだいいが後半は少しは積極的なフェらになったり騎乗位など見たかった。お掃除もなかったのが残念でした

このエロ動画はどうでしたか?