【人妻】 あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣

舞花の夫、彰人が画廊をオープンする際にサポートした画家の浅田。人気画家のおかげで画廊も何とかやっていけるようになるが、次第に浅田の絵は売れなくなり、浅田は妻にも逃げられてしまう。彰人を頼って来訪する浅田は…。あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 – DMM.R18

パッケージ画像

あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 パッケージ画像

キャプチャー画像

あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 1枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 2枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 3枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 4枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 5枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 6枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 7枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 8枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 9枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 10枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 11枚目あなた、許して…。背徳のキャンバス 上原亜衣 キャプチャー画像 12枚目

雑誌掲載コメント

ぶっとい竿が人妻の肉体を貫いてヨガらせる!人気キカタンが早々に若妻役もやるのは当たり前になりましたが、全身の体格むっちりがっちり感ある亜衣ちゃんは違和感ないですな。OLぽいってより参観日ぽいスーツが似合うような佇まい出てきてます。そんな若妻亜衣が夫の繋がりの画家に犯され、断りきれないエンドレスレイプの環の中に。画家役はご存知佐川銀次さんですが、あのオジサンらしいオジサンなルックスに、しっかりした彼女のボディは妙に絵になる。特に腰をガチッと掴んでの強制クンニ&アナル舐め。そして自慢のデカチンをねじり込まれる。その太いモノに貫かれ、乱れるのが彼女の体格だと絵になるんだよねえ。悲劇にヨガる表情もマル。 (月刊DMM – 大坪)

動画を見た感想

いいね、亜衣ちゃん。女優力アップ!師弟関係にある夫と絵画教師、妻役の上原亜衣演出は女優として見事な役者。
元先生ではあるが、妻がいなくなった性欲の相手として好都合とばからに、奥さんを演じた亜衣を無理やり犯そうとする。
男の性力に抵抗しようとするもの、どこかで許しても
いいかな!?と思う。最大のポイントは出血した指を極普通に吸うところ。
あれ!? 先生私の指を・・・。

女に目覚めた亜衣の男性器を見事に収め込んだ性愛力に脱帽。

舌を絡め合い、大きく舌を絡めて魅せる演出も監督、演出家に拍手!

他社にはあまりないドラマ型式がアタッカーズ最大の武器。
大人の男性が一度観ると、気になるAV。

上原亜衣さんを『こんなところで、なのに』で、騎乗位の見本となるような
腰の動作を強調した次回作を期待したい。
間違いなく、虜になる

ベテランですが新鮮久しぶりに亜衣ちゃんの作品を見ましたが、さすがの迫力ですね。演技が安定してるし、エロさを存分に見せつけてくれます。シミひとつない美しい身体は素晴らしいです。
技巧的なテクニックというより、豊満ボディの若々しいエロチシズムと言うのでしょうか、新鮮味が感じられました。よかったです。
黒のカーディガンいつもファーストレイプへの細かい演出が素晴らしいです。今回は前の方も書いていますが出血した指の血を口ですわれたところからこの真面目で清楚な奥さんの貞操が崩れていきます。自分のいやらしい身体を自覚しながら、明るい奥さんを演じることで隠している。自分の奥に潜むスケベな願望を満たしてくれない夫、募る欲求不満。血をすわれた翌日の朝、自分から画家の先生に絵を返しに行くことを提案する。その笑顔の裏にはどんな願望が隠されているのか…。朝夫と話している時、黒のカーディガンの胸元は白い服で隠されているが、画家の先生の家に行くときにはカーディガンの胸のVラインを見せるような着こなし変わっている。ここに来るまでにこの奥さんはどんな妄想を抱きながら準備したのか…。そしてその時のスカートの下のパンティーもサイドが細くとてもいやらしい。この奥さんはあわよくばこうなることを期待していたに違いない…と思わせてくれる細かい演出が最高です。
内容に文句は付けません。が・・・たったひとつだけ言わせてください。

「夫の目の前で」と同じ銀さんをレイパー役に
持ってこないでください。

ストーリーに違いがあるとはいえ
SEXシーンは亜衣ちゃんと銀さんです。
あっちでもこっちでも同じ人がSEXしてるので
興醒めの感がありました。

女優は素晴らしいのだが上原亜衣の常に安定した演技は、素晴らしい。
やや大袈裟な日常会話は気になるが、絡みの演技は卓越している。
腰の使い方は、流石にプロと思わせる。
艶のある染み一つ無い雪白の肌に、黒髪。
マニキュアもペディキュアも自然な透明色。
年齢を重ねて、胸の豊満さは少しなくなったが、乳首の色は未だに綺麗。
下着も白で、文句なし。
しかし、その女優の良さが生かされていない作品。
薔薇の棘で血を吹いた指を口に含まれただけで、気持ちが動くだろうか。
真面目そうな若妻が、幾ら淡泊な夫に不満を持っていたとしても、余りにも安易にゴーカンされると、白ける。
しかも相手は萎びたオジサンで、技巧も冴えない。
貞操を守る為に、もっと哀願したり、抵抗して欲しい。
抵抗を封じる後手手錠を嵌めるとか、工夫が必要だろう。
顔射しようが中出ししようが構わないが、絡みはワンパターンの繰り返しだった。
女優は素晴らしいが、それを生かせない脚本と演出に、評価は2。
マンネリ新鮮さはない上原亜衣の様な娘役タイプの女優を人妻役にするのはどうかと思う。
人気がある女優だから何でも出しておけ!みたいな起用だ。
どんな分野のAVや裏モノに出まくる上原亜衣とベテランの域を超えた佐川銀次の演技に新鮮さは見受けられなかった。
初めて見る方はまるでOLの娘と実の父親ほどの見た目に”近〇相姦モノ”と見間違う。
ラストのありきたりのNN、少量の逆流マンネリ気味。
この作品に寝取られは感じ無かった。
繰り返して見たいと思わない珍しい出来だった。
近年最高傑作だ! 最高監督による最高の女優。悪いはずがない。美しい体。そして可愛い声。全てが最高だ。
 引退するって本当か?。この子と本田莉子はもう10年は辞めないで欲しい。
上原亜衣が素晴らしい上原亜衣の作品を久しぶりに見たが「こんなにエロかったっけ」と少々驚きました。
演技も上手、体もやせ過ぎでは無く程よいムチムチ+肌も綺麗。
このシリーズ恒例のスローモーションのシーン、まぁ~映える体も相まって素晴らしい出来でした。
最初は嫌々→強引にやられてしまう→だんだん求めて・・・・
と様々なバリエーションも有って満足な作品でした。

このエロ動画はどうでしたか?