【人妻】 あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花

上司の藤村と共に出世コースに乗り、多忙な毎日を送る紀子の夫・学。紀子のかいがいしい良妻ぶりを見た藤村は彼女に欲情を燃やすが、藤村をひたすら尊敬する学はそれに気づかない。紀子は言い寄る藤村に困惑するが、やがて…。あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 – DMM.R18

パッケージ画像

あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 パッケージ画像

キャプチャー画像

あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 1枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 2枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 3枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 4枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 5枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 6枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 7枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 8枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 9枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 10枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 11枚目あなた、許して…。-夫の上司に抱かれて- 宮部涼花 キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

いなくなってから涼花さんの実力を思い知るいなくなって気づいたりすることってあるけど、引退してから発表される「宮部涼花」さんの作品を見ると彼女がドラマ演技も上手いとつくづく思ってしまう。現役の時は真面目に演じるほどコメディエンヌに見えて好きだったけど、それは彼女の一部分だけしか見ていなかっただけなのかも。「部長になれるんだぞ!」と夫の上司にハメられる顔の悲しそうなこと。額に顔射されても可笑しくありません。不倫に溺れていってもその悲哀は最後までキープする彼女を見て、急に寂しくなりましたよ。

動画を見た感想

エロい作品ではありますが絡みシーンはエロく、AVとしては抜ける作品だと思います。
ただ、流れに沿った演技としてはイマイチでしょうか。陵辱シーンが甘いですね。シリーズ他作品と比べて、カメラワークや照明も冴えないように感じました。
声がいい涼花さん、初めて見ましたが、いい声でゾクゾクとしました。
からだも熟女好きな人にはたまらないと思います。
清楚な熟女好きなオッケーな作品です。
特に!の評価ができない出だしこそ、眩みであるがエロいスタート

ドラマらしい展開であるが、涼花さんの抵抗感なし
されるがまま、臨場感なし

ガーデニングで外へ出させのフェラに対しても、抵抗感が感じられず、
演出がまずい。

最終への運びは、『あな許』には数少ない、男優の腰に
足を絡ませ、腕も首から背中へと離したくない感が出て、
女の性欲へ極みを醸し出すところは◎

関西から東京本社へ遠路はるばる部下の妻訪ねて、
妻は夫への虚偽を出して、本部長のカラダを求めるのであれば、
女の、妻の、性を前面に出して、夫の裏切り感出してこそ
『あなた許して』シリーズに並ぶ!と思います

このシリーズ然り、『夫の目の前』『脱獄』等々
AVファンの中でも、アタッカーズファンは相当
目の肥えているファンが多いですよ

今後に期待したい。

もっと抵抗してたら満点夫の上司に寝取られるシチュエイションは好きなので、個人的にはOKなのだが「他社の看板シリーズのぱくり」とそしられても致し方ないほど似てる作風ではある。
他の方が指摘しているように、最初の抵抗が弱いので全体に背徳感が薄く、宮部涼花が貞操感の強い女性のイメージを保っているだけに惜しい。体型については普通の専業主婦ならこれくらいのほうがリアルで、やせすぎると逆にがっかりする。
男優は正直田淵はあきた。もう少し若手に機会を与えて欲しい。夫を見送った直後に二人でエッチするようなエンディングは好きです。
特に上出来ではないが、新味を出そうという努力は見受けられるヒロインの宮部さんは巨乳で豊満な体つきだが、肩幅の割に小顔。
以前に見た作品では太り過ぎが気になったが、今回は年齢を考えると(個人的に)許容範囲に納まるまで絞ってきている。

離婚して男やもめの上司・田淵が夫の留守中に再来訪し、夫の昇進の話に絡めて襲いかかり(14分)リビングのソファーの上でファーストレイプ(~27分、口元射)。
夫婦の営みが半年に一回程度とご無沙汰だったので、乱れはしなかったものの感じてしまい、田淵とのことを思い出すヒロイン。

旦那に資料作成をさせて足止めし、留守宅を訪れいきなり夫婦の寝室に入る田淵。
「楽しめば」「バレなきゃいい」でセカンドレイプ(31~52分。はっきり女の反応が出てる。口元射)

55分:旦那(←部長に昇進)にベランダ菜園で弱っているプチトマトの手入れをさせている傍らでキッチンイラマ(~60分。奉仕させながら旦那との会話有り)

初めてヒロインが全裸で抱かれる和室でのカット→おなじみのシャワーシーンをはさんで、

66分:旦那に「急用が入った」と接待ゴルフを押し付けた田淵が来訪し、キッチンで着衣のまま軽くハメてから和室に移動し、並べた座布団の上で完堕ちSEX。
(~103分。途中からヒロインのみ全裸。パイずりや「だいしゅきホールド」を経て中出し)

ラスト、旦那を送り出してから窓を開けて見送るヒロイン、だがよく見ると田淵に後ろ抱きにされていて「あなた、許して…。」

※全編を通じて田淵は上半身着衣のまま(ワイシャツの上にスリーピースのベスト着用)だったので、蕁麻疹でも出ていたのかもしれない。

タイトルの通り、旦那の傍らでのキッチンイラマや、あえてベッドを使わない完堕ちSEX、ラストシーンなど、新味を出そうという試みをところどころに感じたことを評価して4点で。

なお「私、夫の上司に犯され続けています…」シリーズのパクリと指摘するコメントがあるが、同シリーズ開始の数か月前には桜木凛さん主演の「夫の目の前で犯されて」で旦那の上司が昇進をネタにヒロインを犯し続けて寝取る作品が出ているので、(元祖かどうかはともかく)アタッカーズのほうが先である。

損した気分でがっかり「私、実は夫の上司に犯され続けてます…」的なあらすじ。
シリーズ見続けて来たが、ネタもそろそろ尽きたかなと思われる。
起用された宮部涼花の、魅力が何処に有るのか理解に苦しむ。
汁男優は汁が出なくなったら引退した方がいい。
絡むシーンお決まりの顔射、それも一滴か二滴じゃ見てる側と女優さんにも失礼。
あれは編集して偽似汁を使って撮り直しでしょう。
設定の塾女妻と中年の夫の上司、絡むシーンを早送りさせて貰った。

女優について容姿など 他人を知らない清楚な奥様風ではあるが
如何せんもっと抵抗や背徳感罪悪感が無さすぎで<喘ぎが下手すぎて>ヌケない。
それとストーリーが清楚な主婦が堕ちてゆく設定にしてはいとも簡単に堕ちる。

まあ・・絡みだけ見ればいいが・・色っぽさが無い。
三浦恵理子なら・・どうだろうか?

宮部さんの設定が中途半端演技力もあり、味のある女優であるが実におしい
夫の前で裸になるのに恥じらうくせに、無理矢理
脱がさせれる際には抵抗が少ないひと工夫すれば
いい事なのにという作品が多すぎる
実にもったいない

このエロ動画はどうでしたか?