【監禁】 女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか

NSIの犯罪捜査官・室町鏡子は、違法薬物を使った心療行為の疑惑を持つ医療法人YMSに女性が監禁されていたという情報を掴む。しかしその後、NSI上層部からYMSへの調査禁止命令が下された。不審に思った鏡子は…。女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか – DMM.R18

パッケージ画像

女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか パッケージ画像

キャプチャー画像

女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 1枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 2枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 3枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 4枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 5枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 6枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 7枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 8枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 9枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 10枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 11枚目女体拷問研究所 KARMA 蠢く絶頂の妖怪 女捜査官の狂い哭く正義 灘ジュン 三原ほのか キャプチャー画像 12枚目

動画を見た感想

ハードボイルドタッチの傑作、灘ジュンの真の魅力ここにあり!開口一番、女捜査官ものが大好きなAVファンには特にお薦めできる逸品だ。
ドラマ部分の創り込みがとても丁寧で、全体に緊張感のある骨太な作品に仕上がっている。早送りせず、ハードボイルドなエロを堪能できる。

女捜査官ものはAVの定番で固定ファンも多い。しかし、ヒロインが迫力不足だったり、ストーリーのマンネリなど物足りなさを感じるユーザーも非常に多いだずだ。本作は脚本家を外部に求めたことも功を奏している。全体のテンポ、切れ味が抜群。

シーンでは、拘束猿轡された灘ジュンの眼前で三原ほのかが責められる場面、「こんな女捜査官ものが見たかった」と固唾をのむファンも多いだろう。

灘ジュンはいつもの人妻やお姉さまとはまったく異なる雰囲気を演じている。ここまで素晴らしい女捜査官を演じられるとは良い意味で予想外だった。眼力鋭く敵を睨みつけながら、凌辱の嵐と快楽の渦に堕ちていく灘捜査官の屈辱感にまみれたエロスがたまらい。数年に一度めぐり合えるような傑作だ。

監督と脚本に信頼を寄せて凌辱を楽しむ。私はAVに幻滅していました。
だけれどもこの作品は私の心をゆさぶって放さないのです。

まだ中盤の展開なのですが、レビューを書きます。冒頭から性犯罪を追う女性捜査官という設定と描写に引き込まれました。

AVでこんなに緊迫した導入があるのかと驚きながら世界に引き込まれました。

性犯罪を追う主人公と犯罪に巻き込まれる女に感情移入をしてしまい、犯される女を観ながら興奮する気持ちと、こんなことはあってはならないと思う気持ちが葛藤してしまいました。
これは監督と脚本がしっかりしている所以かと思います。

実際そのシーンが始まると演出の巧みさにのめり込み、何度も達してしまい見続けるのに相当時間を費やしました。(笑)

残念なのは役者の演技力。これは作り手の思惑が高ければ高いほど演技の未熟さが露呈してしまうものですが、それに反して安心して凌辱シーンを楽したのも事実。さすが男優と女優がスリルあるレイプシーンを演じています。

恥ずかしい話、これから起こるシーンを想像して我慢できなくなって何度もストップボタンを押してまた後日続きを観ています。

ただ脚本がしっかりしている事による弊害も感じました。全てが演技ではないかと思い、女優の生の反応がいったいどこなのかを見極められなくなってしまう事でした。ただ体は関係なく反応してしまうのですけれど。。

そして主人公が凌辱されてたまるかという気持ちにまでさせてくれて、その先にある興奮を知る事が出来てよかった。一皮向けた気持ちになりました。(笑)
まだ途中まで観た感想ですのでこれから先を楽しみたいと思います。

ストーリー仕立ての作品女優の演技力いいほうですが、アクションシーン無し
細い所で物足りなさを感じます。例えば女性2人でランチに出かける際、2人バックも財布も持たずに歩いてるとか、いいとこの娘が海外旅行行くのに誰も見送りないし、軽装だしと目についた
レイプシーンも玩具が多かったので、連中の中にはテクニシャンみたいな奴がいて、そいつの手で調教も面白いと思う
続きがありそうなので次に期待したい
バイブ責めがメインの勘違い映画。男性には性器が違うため、バイブ責め場面を見て興奮する事はありません。するとしたら、ごく一部の特殊な性癖の持ち主だけです。それなのに、この監督始め、多くのAV監督はバイブ責めやSM的な拷問イコール興奮場面と勘違いしておられます。ベイビーのようなワンパタ映画しか作らない三流会社とコラボしたのも勘違いです。大体、本来なら、尺埋めにしかならないバイブ場面をメインにしたのが間違いで、SEX場面が付けたしのように見えます。ラスト近くの主人公が堕ちてSEXする場面も相手は一人だけで、付け足し以外の何物でもありません。奴隷島を作った会社の作品には思えません。

このエロ動画はどうでしたか?