【辱め】 女弁護士 示談の果てに 結城みさ

飼い犬が若手ピアニストの指に噛みつき負傷させてしまった為に多額の慰謝料を要求されているOLの弁護を引き受けた敏腕弁護士の佐々木美砂。そんなある日、ピアニストの所属事務所社長・沢木からのアプローチが…。女弁護士 示談の果てに 結城みさ – DMM.R18

パッケージ画像

女弁護士 示談の果てに 結城みさ パッケージ画像

キャプチャー画像

女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 1枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 2枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 3枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 4枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 5枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 6枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 7枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 8枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 9枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 10枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 11枚目女弁護士 示談の果てに 結城みさ キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

依頼人のために身体を張って示談に応じる女弁護士ピアニストの指を数針縫うほどの大怪我を追わせてしまった犬の飼い主を弁護することになった結城みさ。弁護士という法律に強い人間であるはずの彼女が男たちにまんまと騙され性的な奉仕を要求される。泣き叫びながら逃げ出そうとする彼女を無理矢理引きずりレイプする迫真の演技は迫力満点でまるで本物を見ているかのような気分だった。

動画を見た感想

結城みさの凌辱ストーリーものとしては最高ランク発売3ヶ月後にレビューを書くのは結城みさに失礼な気もするが、ゆっくり鑑賞してこの作品の素晴らしさに気付いた。ズバリ、彼女の凌辱もの作品の中でトップクラスの出来栄えだ。もっぱら人妻役が多い結城だが、気丈な弁護士役が予想以上に似合っている。強き女が強引に屈服させられて徐々に堕ちていく様を演じる結城のエロさが抜群だ。相手男優の沢木和也との呼吸も良い。女弁護士のプライドをへし折るように凌辱していくストーリー展開も引き締まっている。結城は犯され役が多い女優だが正直、彼女の凌辱シーンには少し物足りなさを感じる部分があった。しかし、本作品はそんな不満を払拭して余りある傑作だと思う。沢木の強引な辱しめに抵抗し脅えながら堕ちていく結城の表情が実に切ない。本作は何故今まで評価が付かなかったのかとても不思議だ。毅然とした大人な女の凌辱ものが好みのユーザーには強く推奨したい。
丁度いい悲惨さ大谷卓生監督作品はしばらく不調期?と思えるイマイチな作品が続いたが久々にエロイと感じられる作品だった。
ヒロインは悲惨な末路を辿るが、方向性も強さも丁度いい。ちゃんと悲惨さよりエロさが残る結末だった。
また、キャラ設定への付加価値の付け方もいい。社会的地位の高い職業、強い正義感、悪役との関係性などもちゃんとある。

ただ、シチュエーションは平凡。例えばリモバイを活用したり、声我慢を強要したり、もう少し工夫の欲しいところ。
また、ストーリー的にも悪くはないが、強い正義感を快感で服従させる展開など欲しいところ。(ヒロインの信条を無視して悪役側に有利な弁護活動を強引にさせるなど)
今後に期待して「良い」に近い「普通」の評価。

良く出来た凌辱ものAVも一線級の男優、田淵・じった・銀次 その他数名が、
女優と設定をとっかえひっかえ、犯るだけで、さすがに食傷気味だが、今回の男優 沢木和也は、その意味で新鮮であった。
ベテランだと思うが、凌辱が迫力があった。
大谷卓生監督も、きっちりドラマ部分を撮っているから、作品として上々の出来となった。
ただ、結城みさも女弁護士を好演しているが、私的に好みではないので、★4つになったが、結城ファンには必見のAVだと思う。

このエロ動画はどうでしたか?