【辱め】 痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春

石田小百合、専業主婦。毎日映画を見てしまうほどの映画好き。夫との馴れ初めは好きな映画が一緒だったという。この日も待ちに待った映画が公開し、劇場に足を運ぶ小百合。しかし、映画そっちのけで小百合を見つめる男の姿が…。痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 – DMM.R18

パッケージ画像

痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 パッケージ画像

キャプチャー画像

痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 1枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 2枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 3枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 4枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 5枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 6枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 7枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 8枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 9枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 10枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 11枚目痴漢映画館8 こんな所で…なのに、なのに私ったら…! 夏目彩春 キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

プロジェクターの光で艶かしさUP、でも冷静に考えるとおバカ「夏目彩春」の今度の辱めはどんな趣向だと思ったら、映画館でした。暗闇の中で薬を盛られ、隣の席の男の手が半睡の彼女の太ももをサワサワ。そのままクンニして挿入まで。暗すぎて見づらいものの、だからこその興奮あり。写真をネタに脅され館内イラマ、屋外ではローター仕込みで散歩させ、公衆トイレで声殺しファック。最後は自宅のプロジェクターでAVを流しながらスクリーン前でSEXだけど、これはさすがに笑ってしまった。

動画を見た感想

尻すぼみmasasamさんが下で述べてるように前半の映画館でのパートはトイレでのセックス含めてこのシリーズで最高の出来だったと思います。
しかし後半で失速しました。
もっと背徳感のあるプレーや痴漢に完堕ちする夏目彩春が見たかったのですが期待外れでした。

旦那と来た映画館では隣でもっと絡んで欲しかったです。
最後の家に訪ねてのプレーもプロジェクターで性行為を壁に写していますがうまく使いきれていませんでした。

最後に夏目彩春から痴漢を求めて映画館にいくシーンを入れても良かったと思います。
映画好きで通ってた映画館から不倫のために通う映画館で終わるとよかった。

尻すぼみだったので☆3つ

前半は最高傑作の予感、しかし後半は失速・・・。これほど前後半で出来映えがかわる作品も珍しい。とにかく
前半は、まさに興奮の連続・・・夏目彩春演じる若妻が、
映画館で痴漢の餌食となり、公衆の中で恥辱を受けるうち
M女としての性癖を開花させていくという様子がていねいに
描かれている。特に、男子トイレで男の小便の手伝いをさせ
られ、その後、フェラで掃除、最後は個室で人目を気にしな
がらの交尾プレイというシーンは、その完成度からみて最高
傑作の予感をさせた。ここまでは、珍しく、一度も早送りす
ることなく楽しめた。ところが、この後がいただけない。本
シリーズのウリは、日現実的な設定ながら、もしかしたらこ
んなこと出来るかもという願望をかなえてくれるところにあ
るが、そういう意味で、後半、人妻の自宅に押しかけ、夜中
に交わるシーンは、はっきり言って蛇足、170分の時間の使い
道はもっと他にあったはずだ。 
繰返す卑猥行為…♂汁を嗅がし、精子をぶっかけ人妻を牝に変える痴漢薬を使っても放精に出来なかった夫を2階に残し
リビングへ下りて来た妻の小百合は、待っていた痴漢に抱かれて
不貞交尾をホームシアターに映されながら裸体を戦慄かせて果てる
このラストシーンで、情けない夫と逞しい痴漢を対比
しかも、不発に終わった恥ずかしい営みまで痴漢に見られるという
こった誂えは逸品物!高く評価します

中盤、リモバイに刺激され恥歩きを余儀なくされる彼女はとうとう
路上で座込む…このシーンをいつもより長くした点も好評価
館の待合でスカートを大胆に捲くり上げ、痴態を他人に見られて
しまうという恥を覚えさせてさらに煽る
次第に従順になって行く彼女は自ら腰を振り始めるなど
最終迄の流れも良い

館内で大胆過ぎるのは作品的に致し方無いが、痴漢が現れると
すぐにバイブ音がする等、早々堕ちの感が否めない
痴漢されるM女心の表現がやや弱い感じ…
迷ったが、恥散歩とラストが良かったので☆4.5

肝心の映画館のシーンが暗すぎる前作までと監督が変わり、従来のパターンと少し変わった。
オープンニング最初の映画館での痴漢に逃げられると、いきなり自宅に押しかけてレイプする従来の展開はいまいちだなぁと思っていたので、その点は評価。
全体的にも丁寧に作られている作品だと思うが、肝心の映画館でのシーンは画面が暗すぎてよく見えない。リアリティーからすればああなるのだろうが、、、

また、ビデオカメラとプロジェクターを使った後半の自宅居間でのシーンも設定を生かしきれていない。
作り方によっては興奮度の高い魅力的なシーンになったと思うが、大画面の前でやってるだけになってしまい、青白い画になってしまう悪い効果の方が目立ってしまった。

伏線的な会話もあるので、最後は旦那が何らかの形でからんでくると思ったが、そのまま終わってしまったのは残念。

彩春ちゃん綺麗なかなかの美人ですからね。映画館で、もっと虐められてほしいです。
確かに映画館だからなぁー…映画館で変態親父に犯される彩春さん…しかし映画館の中のレイプシーンはどのシーンも暗くて見てる俺ら的には…興奮度ダウンって感じっ!「サンプル画像はいい感じの明るさなのにっ!」…やはり徐々に調教されて明るい公衆便所での絡みが一番、興奮したかも?…小便まみれの変態親父のチ○ポを頬張らせ..バックからアナル&オマ○コを舐められると自ら自然と尻を突き出し…チ○ポをねじ込まれると身体を反って感じまくる彩春さんの姿はなかなかでしたっ…彩春さんが変態親父のアナルを舐める姿も公衆便所でして欲しかったッス!…後、映画館の廊下で立ち責めされ…淫らな姿をおばさんに見つかった時のシーンは..妙に興奮度上がったかも?
良く考えますね痴漢映画館シリーズの8作目
内容が、毎回1パターンで飽きてしまって事もありましたが
今回は若干趣向を変えてあり、考えてあったのでストーリーとしても面白かった

暗闇の中で薬を盛られ、意識朦朧としている中で抵抗出来ずに
犯されているのに何をされているのか?わからず、感じてしまっている
様子などが、本性が垣間見え、エロかった。

いつも最後は、映画館のトイレで声殺しファックで終わる展開だが

今回の最後の自宅でプロジェクターで自分たちがHしている姿を
流しながらスクリーン前でのHシーンが斬新で、良かった。

最後の絡みは、よかったけれど
このシリーズ、イマイチのが多く、とくに「痴漢映画館」
は輪をかけてイマイチ、という印象。

169分と長いけどグダグダした展開で、イライラ。

ま、終わりよければ…ということで、1点オマケの「4」
です。

今後に期待。まずバックで流れてるBGMがでか過ぎる。
男優の滑舌が悪く拾えない台詞がチラホラ。
それと最後のカラミが残念。
中盤トイレのカラミより大人しいプレイでどうする。
人妻で旦那が不能という伏線が台無し。

前半に高い貞操観念で布石を打ったなら、後半は心堕ち
くらいまで持ってきて欲しいな。
最後に流すBGMも悲壮的なものでなく
妖艶なものにした方がよかった。

あと旦那が隣に居るときに痴漢と押し問答させるなら
旦那のうたた寝演出くらい加えないと不自然すぎる。

だめ0点。スルーすべき。
長尺なので期待してみていたが・・・
とに角、俳優が×。
変態とか性的異常者というより、ただの??といえる演技。
女優のリードに頼りすぎ。
そんなレイプは見て面白いはずない。
こんな奴しかいなかったのか・・・残念。

このエロ動画はどうでしたか?