【辱め】 声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子

夫婦揃って教鞭を執る文子は、転任先で図書委員を担当する事に。ところが引き継ぎの際、前任の田代に犯されてしまう。静寂に包まれた図書室で、通勤中電車で、研修で訪れた夫の傍で、欲望の赴くまま、田代に犯され続ける文子。声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 – DMM.R18

パッケージ画像

声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 パッケージ画像

キャプチャー画像

声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 1枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 2枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 3枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 4枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 5枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 6枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 7枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 8枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 9枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 10枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 11枚目声を出せない私6 沈黙に犯されて 白木優子 キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

声を出せないからこそのエロさを美しく新たに赴任した学校で図書委員も担当することになった教師「白木優子」。いきなり痴漢されているときも、図書室で前任の教師に犯されることになっても、怯えるだけで抵抗ほぼなし。でも、ハメられながら目を見開いた怯え顔は秀逸。人がいる図書館でこっそり顔射され、トイレの中では対面座位、自宅では夫が寝ているすぐ側でも絡まれる。辱めの連続なのに、そのうち可憐に美しく見えてくるんだから、白木嬢の演技に唸ってしまう。

雑誌掲載コメント

恥辱と背徳の間で揺れ悶える女教師を白木優子が熱演!夫婦揃って教職に就く国語教師の文子は転任先で図書委員を担当することになる。そこで前任の田代に引き継ぎをされる際に突如、図書館で白昼、犯されてしまう。屈辱的な行為にも新任先で騒ぎになることを恐れるあまりじっとこらえる文子だが、行為は徐々にエスカレートし…。若かりし頃は劇団に所属していた白木優子さん、持ち前の演技力で見せる凌辱ドラマであります。最初の凌辱姦こそ意外とあっさり男根を受け入れてしまうのはやや肩透かしですが、立位で挿入されたまま非常に静かな、AVらしからぬピストンが非常に卑猥。また二人の間に「生徒にバレたらいけない」という共犯関係がいつの間にか出来上がっているかのようにも感じます。またその後、ノーブラノーパンで文子に授業をするよう命じたり、図書室のカウンターの下でイラマチオをさせたり、と田代の校内調教はエスカレート。プレイ自体も激しさよりも、男優田淵さんならではの変態的かつ粘着性のある責めが光っていて個人的にジュン。特に見どころとしては、終盤にかけての田代夫妻とのホームパーティーのシーン。しかも今回は珍しく「男側の嫁」も登場するという珍しい演出まで。互いのパートナーの目を盗みながら、背徳プレイに身悶えるシーンわけですが、酔いつぶれた夫と熟睡する田代の妻のすぐ側で文子が完落ちする絡みは圧巻。バックで挿入後、焦らすように動かぬ肉棒とそれを味わうかのようにゆっくりと自らデカ尻を振る文子の様子が非常に官能的でした。声ガマンの羞恥心と夫への背徳心のバランスもいいし、そして物音を出せないからこそゆっくりと動くセックスもこれまた情緒溢れるもの。役者を選ぶ難しい作品だからこそ今回は、かなりの完成度が高い仕上がりと言えましょう。 (月刊DMM – アケミン)

動画を見た感想

久しぶりに興奮する作品に出会った!さすがにマンネリ化した作品が多くなってきたアタッカーズの中で、久しぶりに
興奮する作品に出会った感じだ。内容的には「こんなところで・・・」と「あな
た許して」を合体したというところだが、2つの作品の良い点をシナリオ化した
上に、オリジナリティを加えたところが高評価!赴任した先の同僚教師に犯され
性癖を開花させられていく人妻女教師を白木優子が熱演している。最近は、肌や
体型の衰えを隠せなくなった白木だが、彼女の良さを引き出す演出とそれに応え
た演技力がマイナス面を見事にカバーした。見所はたくさんあるが、自宅に相手
夫婦を招き、夫が酔いつぶれた夜、相手の妻が寝ている隣の寝室で犯されるシー
ンは秀逸。そのオリジナルの演出と相まって、とにかく最高に興奮した。これは
オススメの作品!
傑作。役者がそろうとこうも違うものか…。
細かいところで堕ち方、堕とし方を魅せる。
ストーリー展開もよく、後30分は続きが見たかった…と思わせる。
最近のアタッカーズ作品で一番興奮 おおまかなストーリーは教師をしている夫婦が同じ学校に勤めることになり、夫婦で同じ学校に勤めることは出来ないので前から赴任している夫が転勤になる
妻(白木優子)の引き継ぎを受けた国語教師田代(田淵)の調教が始まる
きっかけは電車で偶然、痴漢されているところを田代にみつかりそれをネタに図書館で同じように痴漢され強引に最後までされる
その後は
図書館にて生徒の前で隠れてフェラチオ
電車で軽い痴漢プレイ
下着を外して授業をさせる スカートのしたからノーパンを映すところがやらしい
旦那が学校に訪問してきたときにトイレで
家に同じく夫婦で教師をしている田代夫妻を呼んで数々のプレー 
最後は図書館で軽いシーン
と背徳シーンが多くて興奮します

いつもと違って男優側の嫁が出てきたところも良かったです
2時間から30分増えたので最後のセックスシーンを少し短くして図書館でのセックスシーンをもっと伸ばして長い絡みを4つ見たかったです

やっぱり白木は被虐感があってイイ!!さっそく赴任先の学校の図書室で教務主任の田代からレイプされる。
生徒がいるからと声を押し殺してフ○ラもなく立位で挿入されてヤラレるところがまずイイ!
ノーブラノーパン授業・図書室のカウンター内に隠れてのフ○ラ強要・顔射、
男子トイレでのフ○ラ・個室トイレで隠れてのSEX、
で段々調教にハマっていく様がよかった。
最後に、自宅に招待中の羞恥と夜中、目を盗んでのSEX。
スピードだけじゃない濃厚な絡みと中だしが多かった。
自宅が最後と思ったら、図書室でも・・・
ノーブラはもう少しわかりやすい方がうれしいが。
イメチェンしないとダメヨーダメダメ優子ちゃんはロングは似合わないことに気づいていない。デビュー当時のショートが一番セクシーで綺麗です。スタッフも気づいてください。ファンはイメチェン(昔の優子ちゃん)を待ち望んでいます。
脚本・演技・演出すべてにおいてハイレベルシチュエーション無視で男は全裸、女は半着ばかりのアホなぎらと
そのコピーロボット監督の作品にしては珍しく演出が完璧。

状況に応じた着衣と脱衣の使い分けができており、特に公共の場で
男は着衣のまま女に全てをさらけ出させるトイレのシーンは、
男女の主従関係や心理状態まで画的に表現できており素晴らしい。

二組の夫婦が一夜を過ごす後半の演出も隙が無いし、全体を通して
役者の演技も脇役を含め完璧に近い。

あえて難を言うなら生徒の存在感がなく、それが教師らしさを乏しく
している点くらいだろうか。

こういう作品が「監修」できるなら、自分の作品でレイプ時に
男を無条件でいきなり全裸にさせる警戒心も緊張感も感じられない
演出やめてくれませんかね、なぎらさん。

いいと思いますストーリーも良いいですが、女優の演技が上手く名作だと思いました
秀逸した作品です。尺が150分と長い気がしますが、最初はレイプから、ラストの完堕ち迄、丁寧に描かれていて納得いく作品です。
特に中盤からの妻が寝床に入っている夫婦の寝室でのシーンでの襖越しに見せる映像テクニックはなかなかのものです。田渕が挿入しても、しばらくは動かずに白木さんの方から動かせるような手法も新しい展開で良かった。アングルも良いですし、これはオススメ作品です。
新感覚AVだがAVとピンク映画やVシネのいいとこ取りのような作風。
すなわち、本番有で、ストーリーもあって、作りもしっかりしていてドキドキ感もある。そんな作品。
ただし、出演者の演技力が問われるので多くはリリースできないのでは?
白木優子が思ったよりお顔が劣化していたのが残念。
図書館が舞台というのもやや無理があるかな?

突き抜けた演技に感動! 高評価のコメントが並んでいるので、もう多くは言う必要はないが、この作品で見せつけた優子嬢の表現力は鑑賞者の目を奪い、深く感動させる迫力がある。トイレの場面もなかなか優れた演出、演技で興奮させられるが、何といってもハイライトはむろん2対2で迎えた自宅の夜のシーンだが、この興奮度マックスのからみで見せた優子嬢の喜悦と陶酔の官能表現は、すべてのオスの心臓を止めるようなメスの凄味がある。これまで「なかなか見どころのある」熟女優レベルであった優子嬢は、脚本、演出、カメラワークともに優れた本作品によって「見ごたえのある」熟女優に見事に脱皮した。このレベルは、そう簡単にはたどり着けないハイレベルの境地だ。その高みに立った優子嬢のAV女優としての深い覚悟と精進に、熱い拍手を送りたい。

このエロ動画はどうでしたか?