【人妻】 あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔

昭和の時代。人気が落ちた漫画家の夫と健気な妻が暮らしていた。累積する借金に苦悩する妻。人身ブローカーの口車に乗せられて…返済手段として「身代わり出頭」を提示され、自らの身を差し出す事を決意する妻だったが…。あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 – DMM.R18

パッケージ画像

あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 パッケージ画像

キャプチャー画像

あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 1枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 2枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 3枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 4枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 5枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 6枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 7枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 8枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 9枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 10枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 11枚目あなたの為に犯されます…。 昭和姦獄エレジー 西野翔 キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

ノスタルジックなエロスに満ちた官能ドラマ無実でありながら身代わりとして刑務所へと送られる美妻を、演技力に定評のある西野翔が演じる。重い足取りで牢獄へと向かう西野翔を待っていたのは、想像を上回る恥辱だった。307というナンバーで呼ばれ、身体検査と称し全裸にさせられる。暗い檻の中で看守たちに犯されながらも、夫の身を案じた手紙を涙ながらに書くシーンに勃起しつつもうるっときた。

雑誌掲載コメント

昭和な凌辱ドラマに最高キャストな翔ちゃん昭和な雰囲気で迫るオルガと、ドラマ性たっぷりのエッチで迫るアタッカーズのコラボ作は、究極の昭和エロス!黒髪で悶える姿が艶かしい西野翔をキャスティングして、古い昭和な時代を背景にエロスが展開。夫のために犯されることを選んだ妻の姿。そんなこと関係無く、蹂躙しまくる男たち。ドキドキ感と興奮がずっと続く傑作ドラマ。 (メガベッピン – マゾ田凌)

動画を見た感想

「昭和手籠めノスタルジー80%全開本作品を見て
日活ロマンポルノ谷ナオミ主演
「残酷黒薔薇私刑」(団鬼六原作)
との比較鑑賞をお薦めする。

オルガとアタッカーズのコラボが
まあまあはまったある面では力作だ
(相変わらず画面は暗いが、、)

田淵所長と西野翔の絡みは安心して
見ていられる。一方他の出演者が全く
活かされていないのでマイナス1評価

最近本数は出すがスマッシュヒットがない
西野翔、本作品をきっかけに今までの
路線を大きく打破する企画作品を望む

それが熟女路線なのか緊縛路線なのか
浣腸路線なのか、大きな岐路に立って
いることは否めない。

大橋・結城の引退が表明された昨今、
まだまだ西野翔にはこの世界で頑張って
もらいたい。

貞邪我監督日活ロマンポルノというかピンク映画というか、ドラマAVを
撮り続ける貞邪我監督が何歳か興味があるが、それは別として、今まで観た作品の中では、よく出来てる。それは西野翔の演技力によるものだと思う。熟女女優の三浦恵理子の演技力に対抗できるとすれば、やはり西野翔だろう。彼女のデビュー作を観た時から、そのAV女優の天賦の才を感じたが、あれから10年経ったたのだと思うと、感慨深い。
いつもながら、画面が暗いし、ドラマAVというには脚本がお粗末だが、この路線自体は、団塊の世代としては、継続発展させて欲しい。
ドラマはしっかりした作り昭和初期をしっかり作り込んで、翔ちゃんを主演で仕上げている
拉致・監禁・調教の定番ではなくドラマに力を入れている様
それだけに話の展開が予想できる
ただ、最後の”夫のために全てを犠牲にしてきた...”が
何を意味するのか図れなかった
(夫のために身を犠牲にするのか、快楽に堕ちるのか)

入所時の身体検査、看守長と1回、看守と2回、あと少々
翔ちゃんの貞操を守りたく、我慢する演技はいい、が
絡み自体は弱い、全て同じに見える
ドラマ部分に力を入れているせいか、AVにドラマがあるというよりVシネマに多めの絡みのシーンがあるという印象

もっと、看守のセクハラ、女囚人のイジメ、出所後の慰み者と
演出できるネタはありそう

西野翔 古いパンツも よく似合う21世紀も十余年経って『昭和』なんて単語は死語に等しいが

西野翔の体型と空気はは1,970年代アイドルや日活ロマンポルノ女優に近い。
しかも借金のカタに身代わり出頭し投獄される現実っぽい題材。
当然ながら刑務所内での身体検査から始まる陵辱に数々。
囚人服まで結構似合っているのもGood!

ジャケットのせつない顔も含めて優秀な出来映え。

『知らぬは亭主だけ哉』と言うワンパターンも手を変え品を替え

西野翔私は飽きっぽいんですが、
西野翔は飽きないです。

今回の作品も昭和のエローい感じが出ています。
本当にこんな時代だったのかしら、とは思うけど。

シリアスなトーンの作品だけど…
身体検査はともかくとしても、昭和の時代でも戦後は女囚をrape
した事件は極めて少ないです。まあ、闇に葬られた事件もあった
ことでしょうが。

主なハメは田淵と工藤(新作では久々に見ました)のふたつだけで、
ともに半rapeの絡みだけど ― 工藤とのハメは青いトーンの映像が
美しく、ちょっと感心したけど、田淵とのハメは、なんか気が抜けた
ビール?のよう。

大王様のおおせられるとおり、西野翔は今後、どういう路線で行く
んでしょうね。2004年9月にデビューして、もう10年、今年で29歳。

かすみ果穂と違って、肉体的劣化が見て取れます。

今後の健闘を願って、1点オマケの「4」です。

このエロ動画はどうでしたか?