【辱め】 女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈

NSI女捜査官、姫川亜由美VS女体拷問研究所所長、辻丸耕平。互いの生死を賭けた最終対決!長時間に及ぶ快楽拷問に耐える姫川…魂を揺さぶるエクスタシーの先は天国なのか地獄なのか…。【竹内紗里奈・完全引退記念作品】女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 – DMM.R18

パッケージ画像

女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 パッケージ画像

キャプチャー画像

女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 1枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 2枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 3枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 4枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 5枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 6枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 7枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 8枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 9枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 10枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 11枚目女体拷問研究所 LAST DANCE 女捜査官、姫川亜由美 最後の七日間 竹内紗里奈 キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

夢幻のような拷問艶舞同シリーズでは本部長役で特別助演をし続けた「竹内紗里奈」が今作で完全引退。もちろん彼女自身が久しぶりにして最後の拷問劇を見せてくれる。ゾワゾワと裸体に触れられるマッサージの演出からしてビビッとくる。荒縄で縛られて電マ責め、生尻もビリビリとされて、オイリーボディに指マン、改造バイブで腰が痙攣だ。台詞回しも悲鳴も迫力が違いすぎる。ハメでの喘ぎすら映画女優のようだ。これでラストだと思うと胸が熱くなる。

動画を見た感想

納得できない消化不良の結末7~5日前は状況説明のためのドラマ場面。4日前:退職者必須の怪しげな心理カウンセリングで秘めていた淫欲を呼び覚まされてしまう,3日前:手伝い捜査でハプニングバーに潜入、強引に責められて次第にマゾ牝の本性をさらけ出し、緊縛されて犯されてイキまくってしまう→◎◎,2日前:女研・辻丸のアジトで責められる:ドリルバイブや2穴はないが比較的早い段階で「いくぅ~」と叫んでしまい、以後怒涛のイキまくり、最後のファックでは自らチンポにしゃぶりつく完堕ち状態→◎。ここまでやや冗長ながら素晴らしい出来だったのに、最終日:何事もなかったように自宅で目覚め出勤、デスクを片づけて帰宅、恋人とのセックス中に辻丸の幻想に苛まれて恋人をはねのけ、体をこわばらせる場面で終り→×××。前日までの流れはどう見ても完堕ちの結末を示唆しているのに…?!
その後失踪しやがて卑しい牝となった姫川のエロ動画が出回るエピローグが欲しかった。
これがLAST・・・・だらだらの4時間。暗い画像でHDが生きてない。明るく(画像)美しく、激しい竹内紗里奈を見たかった。ラストとしてはあまりにも情けない作品。
引退作品、は付加価値一般的な凌辱物としては良い出来だが、竹内紗里奈の最後の作品にしては質の低さを感じてしまう。安い作り物的な撮影環境も一因。カメラが多すぎてアングルがさっさと変わるのも集中できない。
何より竹内紗里奈本人の肌質もピークを過ぎた感じで、かといって川上ゆうや風間ゆみら熟女のような脂のノリも感じない。
引退作品ということでひとときの順位は期待できそうだが、いつまでもお気に入りにしまっておくほどの作品ではない。
僕、立ち直れません。!、~引退!、冗談であってほしい。僕はいま悲しみでいっぱいです。多分同じ気持ちの男たちがいっぱいいるはず。他のレビューを書いてる人たちよくそんなに冷静に書けますね。竹内紗理奈のファンならそんな冷たいこと書けないと、僕は思う。で、作品前半パンツとブラジャーがかわいい!外野のガヤガヤがうるさい。絡みは僕は抜ける。ファンだから。後半色々意見はあるだろうけどあんなもんだろうな。お尻注入は浣腸でなくてよかった。あれで良かったよー。道具での責めがちょっと冗長じゃないかな。-今更だけど。あの場面でのファックは最後にあの悪人にとどめをささせる3Pだともっと作品がしまったんじゃないだろか。-今更だけど。ラストの白い濃いめの化粧も意味あるんだろうね、はーん、てな感じだけど。ま、しょうがないから紗理奈のいうとおり、古い作品、(全部いいけど)見て感傷にひたって、宝さがしだ、畜生!(涙、涙)。
無駄に長いベイビーの女体拷問研究所の世界を引き継ぎ、いよいよ姫川と辻丸の最終対決ということで楽しみにしていました。がしかし、かつての快楽拷問の後遺症に苦しむところから始まる設定はよかったのですが、責めるシーンはダラダラとソフトな感じが延々と続き、ベイビーのような激しさが全く感じられませんでした。責めも激しくなく、かといってエロエロな感じっぷりもなく、時間だけ長くて中身の薄い凡作となりました。

村上時代は四角い顔が好きになれず、あまり見ませんでしたが、竹内となってからは素晴らしい演技力にひかれて楽しませていただきました。今までお疲れ様でした。結婚もされたそうで、どうぞお幸せに。

AVを超越した竹内紗里奈のエロティシズム、ここに完結。アタッカーズとBabyのコラボで女研セカンドシーズンの本来的な完結編であると同時に、竹内紗里奈の完全引退作品でもある。竹内紗里奈演じる姫川亜由美のエロスを大変キメ細かく、ドラマティックに表現している。

引退作ということで、竹内本人や制作陣全体に熱い緊張感を感じる。大型ドリルの使用こそ控えているが、拷問シーンで見せる竹内の表情はAVの領域を超越したエロスを感じさせる。竹内以外の女優では表現し切れないであろう、深くて切ないエロだ。

女捜査官物としての対決色よりも、姫川亜由美というヒロインをどのように深化、完結させるかという点に本作は力点を置いているが、作品の主旨をよく理解した竹内の演技がキラリと光る。カラダを震わせながら最後の拷問台に上がるシーンは、竹内でなければ演じきれない名場面だ。完全引退作品の名に相応しい渾身の力作である。

「ながら」で見たけど… 
ホント、ダラダラ長いだけ、という印象。

何年か前、初めて「女体拷問研究所」作品を見たときは、
こんなhardなさくひんがあるのかとオヨヨ!だったけど。

ま、私、全然、竹内紗里奈のファンじゃないので…。

印象としては「2」だけど…。

他の方の意見に反して最高の出来かと。。。姫川は既に6年前に完敗していたのでしょう。ただ立場と使命感で自分の中に植えつけられた快楽と自虐性を押し殺して生きてきたが今回の結婚退職で一気に噴出して最終決戦は勝ち目などない・いや負けという快楽を求めただけだったのでしょう。。治療院でのソフト責め・ハプニングバーでの女性客にまで
好奇の目に晒されながら(すごく濡れてる・いい顔・イッチャえー)と同性にも言葉を投げられながらイキ果てる姫川。。。最高だったと思います、最終決戦では辻丸にとどめを刺されるだけ。。。ただキレイでしたよ・・・結局姫川は一生快楽という魔物に支配されて生きるのでしょう。あえて全作の中でNO1の出来だと・・・(女は快楽という魔物には勝てないという結論でいいですか?姫川さん)
それと竹内さん最高に気合入ってたと思います・ありがとう
一応満足すべきかな竹内紗理奈は痴女系を除き、SMチックな凌辱ものを期待して60本くらい見てきた。
女王様風だが実はMとも言われたが、緊縛シーンはあまりなかった。
裸・後手・胸縄できっちり縛られたものはない、裸・後手の場合は手枷が多く、体に縄が掛る場合もテープがほとんど。
体に傷がつくことにかなり神経質だったのかと思うが、Mの演技はうまかった。
M性を晒すことにプライドが許さず、それを堪えているというような演技に見え、それにそそられてきた。
本編の前半の終わりの着衣後手、M字開脚縛りで嬲られる場面は、竹内紗理奈らしいエロティシズムがかもしだされていた。
この点で、後半のベイビーペースはいまいちでも、引退作品としては一応満足すべきものかな。

このエロ動画はどうでしたか?