【ドキュメンタリー】 椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン

人気女優・椎名ゆな&桜井あゆがちょっぴりエッチな日帰りレズデート!初対面では緊張していた二人ですが、様々なハプニングや心を曝け出したトークをするうちに、お互いの素敵な部分を見つけどんどん距離が近づいていきました。「あゆちゃんに元気をいっぱいもらいました。(ゆな)」「ゆなさんの事どんどん好きになる自分がいました。(あゆ)」…「素顔」と「素肌」で愛し合うレズドキュメント!!椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン – DMM.R18

パッケージ画像

椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン パッケージ画像

キャプチャー画像

椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 1枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 2枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 3枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 4枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 5枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 6枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 7枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 8枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 9枚目椎名ゆなと桜井あゆの旅ビアン キャプチャー画像 10枚目

動画を見た感想

いつもと違うあの桜井がこんなにふにゃふにゃになるとは。椎名さんも。。いつもとは違う素に近い?二人の表情が見られるので、ファンなら買いです。レズの女性にも。イメージ映像と車、温泉、旅館の部屋での絡みが半々くらいの配分で、絡みに激しさは無いですけど、非常に女性的な官能描写です。
一つだけ難を付けるなら自然体を目指し過ぎて、絡みの流れが一辺倒なのが勿体無かったかな。レズセックスが陥りやすいマンネリズムを打開する演出がないと、AVとしては成立しないですよね。女優の構成的にどうこうという使命感が現実的で興ざめしてしまいそうな部分は多少の演出で補えるんではないか、と思ってしまいます。なのでこの作品は、すげえいやらしい、記録映像です。間接照明に照らされる白い肌、それを愛撫する華奢な手、エンドレスな女と女のセックス。これがエロく無いなんて言えるか!良いんじゃないですか。ビビアンの作風私は好きですね。
うーん・・・キャスティング
お二方とも美人ですが、双方ネコ寄りのリバといった感じで
タチにしては弱くぬるい印象を受けました。
女優さんが悪いわけではなく、タチネコはっきりさせたキャスティングの方が
画的にも本人達もやりやすいのではないでしょうか。

場所
車内、温泉、旅館とありますが、旅館に至っては布団やベッドではなくテーブルの横でおっ始めます。
最後の旅館ぐらいはゆとりのある場所が望ましかったと思います。

プレイ
密着度の少ないプレイが多いように思いました。

全体
可もなく不可もなくと言いますか、
狭い場所+双方ネコということもあってか、全体的にぬるく落ち着かない作品に感じました。
お二人が楽しければいいですが、旅は親友の方がいいのではないでしょうか。

あくまでも個人的な好みですので、良作だと感じる方もいらっしゃるかと思います。

これはこれでありだけど好きな人は好きなんでしょう
タイトルのとおりの旅が重視されている作品です

プレイ内容はいいと思うのですが
食事中のセックスはいまいちかな
そばに食べ物が並べられてるのが見えてなんか盛り上がりにかける
どうせならラストは寝所へ移動してからやるべきだった

このエロ動画はどうでしたか?