【お姉さん】 美人図書館員の消したい過去 冬月かえで

彼女には言えない秘密があった…内気でおとなしい美人図書館員の過去は風俗嬢…その過去を知る男に脅迫され神聖な館内で全裸羞恥プレイ、口内に精液を排出されるも吐き出せぬまま…更に一部始終を目撃してた者からの連鎖的な強引な性交!館内で繰り広げられる猥褻行為に純真な心と美裸体が汚されていく!初回1,000円分の無料ポイントプレゼント!美人図書館員の消したい過去 冬月かえで – DMM.R18

パッケージ画像

美人図書館員の消したい過去 冬月かえで パッケージ画像

キャプチャー画像

美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 1枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 2枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 3枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 4枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 5枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 6枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 7枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 8枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 9枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 10枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 11枚目美人図書館員の消したい過去 冬月かえで キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

一見清楚な美女なのだが実は秘密が大勢の人々が出入りし、多数の出会いと別れがある図書館という場所で勤務する冬月かえでは眼鏡のとっても似合う本の大好きな美女。大好きなものに囲まれて平和な日々を過ごすのだが、過去の淫らな写真をネタに脅され強制フェラ、電マ、トイレでセックスとやりたい放題のキモ男とのプレイを見られたせいで他の男にまでレイプされる悲劇のヒロインっぷりには同情せざるを得ない。

雑誌掲載コメント

消去したい淫猥な秘密に犯され弄ばれる文系美女美女優・冬月かえでのアイポケ専属ラスト作は図書館員役。ひっそりと図書館で働くかえでは、「元風俗嬢」という消したい過去を持つ訳あり女。しかしストーカー気質の男にその秘密をネタに迫られて…という脅迫型凌辱ドラマです。全編に渡りノー笑顔、眼鏡&地味メイクで怯え嫌がる表情の冬月さん、普段の華やかなメイクや衣装とはまた違ってグッときます。特に中盤トイレでパンストをビリビリに破かれ、悲壮感溢れる様子で肉棒を捩じ込まれる様子は見る者の加虐心を煽ります。ただ話の展開が漫然で中だるみ感が否めない印象も。図書館に禁欲的な空気感を求めるとしたら地味演出+αがほしかったかも。 (月刊DMM – アケミン)

動画を見た感想

素材殺し表パケは非常に可愛くエロいスタイルですが
作品内での冬月かえでは地味で魅力ない女になってます

冬月かえでは美人で綺麗なルックスで抜くタイプの女優
しかし今作品では似合わないオバさんっぽい眼鏡をかけたり
ゴージャスな髪は一本縛りはアップにしたりしてます
そのおかげて本当に図書館のオバさんみたいになってます
髪を縛ったりアップにすると凄く老け顔になります

作品のシチュエーションにこだわり過ぎて素材が死んでしまっている
顔で抜くタイプの女優でそりゃないよ
本当に残念でもったいない女優殺しの作品です

ノーパン女教師然り暴力的じゃなく精神的に追い詰めるタイプの凌辱モノにおいて“冬月かえで”の憂いを含んだ演技は抜群!衣装も地味ではあるが品のいい感じでエロスを醸し出している。途中の風俗嬢のシーンも見事に「転」として楽しめる。賛否はあるだろうけど、個人的にはこっちの演出の彼女の方が好き。
あれこれ深く考えない方が良いかも上の方の投稿とダブりますが、今作の「メガネ」は静寂な図書館をイメージする分には良いかも、ですが、カワイイ顔でヌク事を考えると少し厳しいかもしれません。

図書館内で静寂の雰囲気の中、電マのスイッチを入れてスカートめくってマ○コにねじりこむシーンがありますが「オイオイオイいくら何でもバレるだろ」と突っ込み入れたくなりましたが(笑)、普通にバレず通行人が手前に横切るだけ。

カラミはトイレの中で上はブラが見える状態でブラウスは脱がさず、下着をずらした状態でバックから入れているシーンがエロい。
健康的なお尻がアップになるシーンなど眉唾もの。
この辺は彼女のファンなら納得のシーンかも。

まあ、あれこれ色々考えると不自然な点もありますが、深く考えないでヌキ所を探ると案外見つかる点が救いですね。

まあ、これはこれで良いのかもしれないが、、勿論、賛否両論あると思いますね。
美顔・美脚・美尻で尚且つ前作では
姉御肌の極妻まで演じた冬月かえで。

まあ、今回は極地味ですね。
あの眼鏡までは必要なかったかもね
はっきり言って似合ってないもんね

凌辱場面も相変わらずいい尻しているので
パンティずらしての お●んこは少々
勿体ない感じがしましたね。

あと回想キャバ嬢時代の映像はもう一工夫
必要で、尺合わせ的で飽きてくるので減点1

個人的には前作「極妻」が傑作だったので
続編で多少「緊縛」等もミックスしての凌辱モノが
見たかった。

まあ、冬月かえでは「ズッコケ作品」がないだけ◎

確かに、??の出来かなぁ  
最初のボケが嫌いな男優の野島で、これでスッカリ萎えた。
女優の名前だけでなく、出演男優の名前も、これからは表記
してほしいものです。

2番目のボケは、黒田。まあ、嫌いじゃないけど、しょっちゅう
見かけるので食傷気味だよ。

しかしこの図書館、どこなんだろう。公共の図書館ではないん
だろうなあ。私立の三流大学あたりか。

かえで、のそこそこのファンだと思っているけど ― ともかく、お
薦めしません。

このエロ動画はどうでしたか?