【主観】 6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~

「まゆ」のエッチなリクエストに恋人気分で応えるSEXを俺目線で楽しめちゃいます!恋人にしか見せない超絶エロスイートな「まゆ」の甘える姿、照れ笑い、小悪魔な表情、ちょっと生意気な顔にアクメ顔、「まゆ」と付き合っていると完全錯覚するお宝6コーナー!永遠の「オンナノコ」希美まゆの貴重で意外な一面も収録!改めて思います、やっぱりノンちゃんはカワエエなぁ~~!6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ – DMM.R18

パッケージ画像

6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ パッケージ画像

キャプチャー画像

6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 1枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 2枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 3枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 4枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 5枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 6枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 7枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 8枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 9枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 10枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 11枚目6つのシチュエーションでヴァーチャルパコパコ~希美まゆがアナタ目線でラブラブエッチ~ キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

完全主観で恋人チックリクエストファック「希美まゆ」が自分のために何でもリクエストに応えてくれる、それも恋人チックに…。酒飲みのイメージが強い彼女だけにこのスイートさにはニヤニヤしてしまう。こうしているとホント可愛い方です。フェラにバイブ&電マ責め、「ダメ~」なんて言いながらのファックを主観で賞味。次にはちょっと痴女風味に足コキ、センズリ鑑賞からぶっかけ。マニア所では腿コキやパンティ素股、ずらし挿入も乙。トロンとした目に惚れ直すよ。

雑誌掲載コメント

かわいいまゆとラブくて抜きやすい主観6エッチ主観映像6シーン、主演はかわいい希美まゆ。ラヴいだけのワンパッケージは完成度の高いオナニーツールよね。最初はフェラなんですが、まずは彼女がどういう気持ちでフェラするのかを照れながら告白するという流れでこれがアドリブっぽい言い方でキスしながら照れたりして、という。終始この調子でラヴいわけ。発情期のまゆのおねだりで激しいファック、相互オナニーも変態行為ではなくてラヴの遊び、甘くふざけ合いながらのロングタイムセックスなど、愛のあるセックスで得られる多幸感をサプリメント的に摂取できる構成。で、タイトルのヴァーチャルというのはアクリル板越しのラブ行為。主観といえばこんなに主観らしい画作りもないってくらいで、これまで不可能だったクンニ主観の臨場感は恐ろしいばかり。たぶんアクリル板が曲面なんでしょうな。ちょっと必見なすンごい映像ではあります。でも女優の仕事が増えるなあこれ。 (月刊DMM – 鷲谷)

動画を見た感想

恋人同士の主観作品うっとりした視線で、気持ちよさそうに喘ぐ表情がとても可愛くていいです。
完全主観の恋人同士のシチュエーションなんですが、シーンもカメラアングルも単調で、作品としての特徴がないですね。まゆちゃんはかわいいんですが。
主観とはいえない主観としての目線が、
”目”は真正面から見てるのに、
”体”は横にある。
『体の位置がそこにあれば、
そういう見え方はしないはずで、
こういう風に見えるだろう。』
と思わされるシーンが多々ある。
主観として成立していない。

監督よ、カメラアングルという言葉、
知らないだろう?それか理解してないだろう?
勉強しなおせ。映像のセンスが未熟すぎるから、
出直してこい。
このダメ監督が。

希美まゆさんはとても可愛くラブラブっぷりがカメラを通じて伝わってます。ただ
ふわっとした構成内容は全く伝わらなかった。
たっぷり6つのシチュエーションというタイトルに気を取られちゃった。
どこまでのが一つなんだろう?とか
これで一つかな?とか
そんなことがばかり気なっちゃったよw

素材がいいんだから、
変に企画に凝る必要は無いと思うんだけどな。

普通6つのシチュエーションの違いがよくわからない。甘い性活シリーズもたいして好きではないけどあっちのほうがバリエーションがあってまだマシ。最後の2シーンはやや色っぽさがあって良かった。

このエロ動画はどうでしたか?