【スレンダー】 絶弾の儚き女捜査官 希志あいの

かつて連続婦女暴行事件の人質だった過去を持つ女刑事「あいの」。その時に恋人であった同僚刑事が「あいの」を救出する際に殉職するという壮絶なる過去があった…ある日、六本木のホステスが殺害され現場の状況を見た「あいの」はあの時の婦女暴行魔の仕業だと確信する!犯人逮捕への手掛かりを求め身を犠牲にする覚悟で一人の女刑事の闘いが始まる…[特別出演:あゆみ翼]絶弾の儚き女捜査官 希志あいの – DMM.R18

パッケージ画像

絶弾の儚き女捜査官 希志あいの パッケージ画像

キャプチャー画像

絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 1枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 2枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 3枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 4枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 5枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 6枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 7枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 8枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 9枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 10枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 11枚目絶弾の儚き女捜査官 希志あいの キャプチャー画像 12枚目

AVライターコメント

覚悟のある女は心がドライ、でも責められると儚そう婦女暴行事件の人質となり、その際に恋人だった同僚刑事も殉職した過去を持つ女捜査官「希志あいの」。そしてその婦女暴行魔とつながる事件が発生、犯人逮捕へ自らの体を利用していく。ということで捜査のため彼女から誘惑して男たちをその細身ボディで落としていきます。VS犯人では車イスに拘束されて、クンニに電マ責め。壁に押し付けられてのイラマにベンチの上で潰されるようなバック。力なく感じてしまう芝居も秀逸。

雑誌掲載コメント

哀しくも淫らな女捜査官恥辱のレイプもまた淫美捜査中のミスが原因で婚約者を殉職させた過去を持つ女捜査官・あいの。連続婦女暴行事件が勃発し、過去の事件が関連している可能性があると分かり、無謀な捜査をはじめる。拘留中の容疑者をフェラ抜き、コールガールに扮してやくざのボスの元に潜入しつつも、時には寂しさを埋めるように上司にすがり付き勤務中に禁断のセックス。ここは気丈な彼女が、唯一女の弱さを魅せるシーンなのでホロリときますよ。そんな中、遂に犯人の罠にハマってしまった彼女は、不気味な暴行犯の粘着質な凌辱を受けるハメになるのですが、その姿は悲痛ながらも『淫靡』。イラマ、首絞めをされ朦朧としながら喘ぐ顔に見惚れました。 (月刊DMM – 文月)

動画を見た感想

クオリティーの高いドラマAV!ドラマ「アンフェア」などを感じるハイクオリティー作品。
希志あいのの演技力が素晴らしいのはもちろんだが、
内容もしっかりできていて見応えのあるドラマかと。
ただこの手の作品は希志のような女優力のある女優でないと難しい。
続編は誰でできるだろか?
貴重な1本として所持するのはアリかもしれない。
本格!完全ドラマってかんじですごい作品!
女優と監督の力量に感服する。
ただできる女優が他にはいないかもな…
私には、なんかイマイチ
あいのは、結構、好きなAV女優で、「アリス」「AVST」
「プレイガール」での作品はだいたい見ているけど、
本作、なんかピンとこなかったです。

あいのって、中出し、NGなのかな。擬似っぽい作品は
見たことがありますが。

ファンタジー色弱めの本気の刑事ドラマラバースーツ系女捜査官モノって大抵かなり退屈なんだけど
これはドラマ部分は普通の刑事ドラマっぽくてテンポが良いし
絡みも、組長相手に痴女っぽく→係長とはラブラブ密着→連続殺人犯にレイプ(これが一番エロかった)、
とバリエーション豊富で飽きない
演者も制作もまったく手抜きなしの本気のドラマだった
女捜査官モノに名作なしと思っていたけど、前言撤回、これは名作!
容姿、演技力申し分なし以前の『秘密捜査官』にも増して希志あいの良さが存分に発揮されてる買って損のない作品です。個人的には森林原人と絡む直前のピンクの下着の希志あいのにはあまりにもドンピシャで興奮絶頂になりました。引退も近いと聞きましたが有終の美は是非ともじったとの絡み期待します。

このエロ動画はどうでしたか?