【レオタード】 夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら

さくらゆら本格ドラマ初作品。「ゆらちゃんを応援したいだけなんだよ。」言葉とは裏腹に美少女の体を見返りに求める厭らしい大人達。従順になることでしか生きていけない。すべては念願のバレリーナとなる為に…夢へ向かって今は全てを受け入れます。夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら – DMM.R18

パッケージ画像

夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら パッケージ画像

キャプチャー画像

夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 1枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 2枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 3枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 4枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 5枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 6枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 7枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 8枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 9枚目夢と引き換えに自分を捧げる 美少女バレリーナ さくらゆら キャプチャー画像 10枚目

AVライターコメント

か弱く素直に自分を捧げる姿、似合いすぎレオタード装備で「さくらゆら」がバレリーナの卵として登場。体の軟らかさは微妙ですけど、可愛らしいからOK。脱がされてフェラ、アソコをいじると「濡れちゃってます…」、そしてそのままファック。よくわかっていない幼さがたまらんです。おかげでますます責めたくなっちゃう。レオタードずらし挿入がまた高まる。こんな幼い彼女が玩具オナニーに目覚める瞬間も乙。ハメ中のレッスンのような「はい…」の素直さも最高。

雑誌掲載コメント

ロリ女優の次世代エース候補! 二代目・就寝名誉処女なるか「終身名誉処女」の肩書きを持つ、つぼみクンの後継者となるロ●ータ女優は彼女ではなかろうか―。昨年3月「kawaii*」から専属デビューし、そこらのアイドル顔負けの愛くるしいほどの美少女ぶりに、逆に「えっ、何でAV出ちゃったの?」と尋ねたくなるほどの透明感を持つ完璧過ぎる小さな女の子。しかも処女作では終始緊張しっぱなしで震えているのに、後半には指マン責めには可憐な股間からピュ~!っと潮吹き! 大器の片鱗を見せつけてくれました。AV女優活動と並行しながら、アイドルユニット、そしてアーティスト活動も行うなどマルチな才能を発揮。以前本誌インタビューでは「色んなファン層の方がいますよ。AV観ない男性もいるそうです」と語っておりましたが……本業は今、新たなステージを迎えていて見所なんですヨ! 正直この1年はさほど過激なプレイには挑戦しておりませんでしたが、本作ではいよいよ本格ドラマに初挑戦。夢のバレリーナになるため、少女は援助を求めて大人たちに体を捧げてしまう物語です。気になる演技は……えっ、これが初めてなの?と思うほど小器用にこなしている印象。容姿の幼さもあって、さながら子役が悪い大人にイタズラされているように見えて背徳感がスゴい……。フェラを強要された時に、軽く睨みつけたり、自分に対する嫌悪感に視線逸したり、でも男を満足させるように激しかったり……。絡みにおいての演技力も抜群に高いのだ。過去作では主観映像で恋人っぽいモードになったり、時にちょっぴり痴女っぽくなるなど、どんどん引き出しの多さが見えてきた。デビューして僅か1年、彼女にはまだまだ演じれるチャンスが無限にある。「清純派」の枠を取っ払った時に、さらに大爆発が予想される。やはり彼女、もう一度ブレイクがありそうだ。 (月刊DMM – 加藤カジカ)

動画を見た感想

活かせていないバレリーナという設定も良いし、
期待していた。
バレリーナの衣装も合うし、
あまりバレリーナという設定を活かせていない。
セックス展開もいまひとつ。
惜しい。
さくらゆらにしては・・・女優がもったいない。シチュエーションや演出がマイナスになっている感じです。さくらゆらがどう引き立てられるか。イヤイヤでもなくノリノリでもなく中途半端では見ていても燃えないです。

このエロ動画はどうでしたか?