【美乳】 義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子

父さんが再婚して、新しい母さんである小百合さんが実家にやって来た。僕は同じ時期に県外の大学に進学して、小百合さんとあまり会話も無いまま下宿先で一人暮らしをする事になったのだ。そして冬休みに帰郷した僕は、親子揃ってクリスマスパーティーを開く事になった…。お酒がまわった二人はコタツでウトウト寝てしまい、無防備な小百合さんの唇に思わずキスをしてしまった僕はその時、全身がとろけるような快感に襲われて…。義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 – DMM.R18

パッケージ画像

義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 パッケージ画像

キャプチャー画像

義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 1枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 2枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 3枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 4枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 5枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 6枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 7枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 8枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 9枚目義母さんの卑猥な舌づかい 潮見百合子 キャプチャー画像 10枚目

AVライターコメント

舌技も良いけど、感じっぷりだってエロイ舐めるのが好きみたいで、手の指からチンポまで嬉しそうに舌を這わせているのが印象的だ。その舌技に見惚れてしまうが、顔立ちや体つきだって一級品。甲高い声を上げてのハメ姿だって、激しく興奮を掻き立てられる。性感帯が開発されきった経験豊かな女性なので、本気でチンポの感触を満喫しているのが手に取るようにわかるぞ!

動画を見た感想

ワインを口移しされ、クリームを塗った乳首を舐めあい父親(トニー大木)の再婚で義母「百合子」(潮見百合子)を迎える「実」(久道実)。大学進学で上京。
クリスマスに帰省。いちゃつく両親に困惑し、退散。百合子は夫と生クリームを塗った乳首を舐めあい、クンニ、指マン、69。正常位、後背位、後座位で腰を振り、花弁回転で前座位になり、正常位で胸射。
眠る百合子に、実は口づけ。
翌日、「私にキスしたでしょう」とワインを口移しされ、手コキで射精。
たまらず夜這い。陰茎を舐めさせ、気付かれる。父親も目を覚まし、布団に隠れる。乳首や陰核を舐める。隣室で乳頭や陰茎をしゃぶられる。正常位、後側位、後背位、騎乗位、正常位で腹射。
ソフトクリームを舐め、欲情。クリームを塗られた乳頭や陰茎をしゃぶられ、口内射精。
大晦日、湯船で立ちバック。
元旦、ベッドでべろキス、乳吸い、手マンし、乳頭や陰茎をしゃぶられ、クンニ、指マン。正常位、後側位、騎乗位、前座位、正常位で胸射。
近親ドラマとして最上級義母ドラマとして丁寧に作ってあり鑑賞に耐える作品。女優さんも男優さんも長回しでも演技になっているし編集も丁寧。脚本も印象深いセリフが複数ありなかなかよい。義母と義息子の微妙な距離感がほどよく表現できており、ワインやソフトクリームの口移しや二人のアイコンタクトなどもエロくてよい。こういう点で近親ドラマとして完成度が高いため2時間の長作でも心地よいがそういった情景部分が長いため、逆に絡みシーンしか興味のない人は無駄と感じるかもしれない。
 女優さんは普通にいる美人タイプなのがかえってリアリティを高めている。正直なところ、乳首が小さ目なのとセクロスはイクのが分かりにくくて個性に欠けるきらいがあるが、入れるまでの情景部分での雰囲気と演技力が高いため許せてしまう。入れてからのメリハリと小粋なアドリブがもっとあると最高。「あぁもぅ、お義母さん、、またイっちゃった・・・」なんて小さくつぶやくとかね。
ベロちゅうがいやらしい。マドンナ作品第2弾ですが凄いです。
タイトルの「卑猥な舌使い」の通り、潮見百合子の舌使いが堪能出来ます。

再婚した父、県外に下宿していた義理の息子が帰って来る事に。
最初は息子に気にってもらおうとしますが、逆に息子にのめり込んでしまう百合子。
口移しで飲ませるワイン、百合子のベロちゅうがエロイ。
最初のフィニッシュは手コキだったのが、次はフェラ。
作品全体に百合子の口元のアップが出て来ます。
アイスを下品に息子と舐め合い、べちゃべちゃのフェラへ。
もうベロちゅうとフェラで、もう勃起しちゃいます。

そして凄いのが、セックスシーン。
クリニングスから感じまくりの百合子。
自分から股を開く細い足が妙に艶かしい。
そして挿入、ま○毛が薄いので、丸見え。
正常位から側位、騎乗位、自分から腰を動かして感じまくり。
もう本気のセックスで乱れます。
とにかく中身の濃い作品。

このエロ動画はどうでしたか?