【ドラマ】 人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美

母親を早くに亡くし転勤族だった父親にくっついて転校を繰り返していた僕は、三年生の夏休み…授業について行けず夏期講習に5日間参加する事になった。補修担当の由美先生は、綺麗で優しくてどこか母さんに似ていた。そして、ふとした出来事で急接近する事になった僕と先生は、授業終わり<冷房が壊れた教室で汗にまみれながら>密かに愛し合うようになっていた。しかし僕は、父親の転勤と共に再び転校する事になってしまい…。人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 – DMM.R18

パッケージ画像

人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 パッケージ画像

キャプチャー画像

人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 1枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 2枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 3枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 4枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 5枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 6枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 7枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 8枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 9枚目人妻女教師、真夏の汗だく授業。 安野由美 キャプチャー画像 10枚目

AVライターコメント

夏の学校で熱く生徒と禁断のファックマドンナ移籍でドラマものが続く「安野由美」。今回は夏講習をする人妻女教師役。ノースリーブにミニスカ姿がセクシー。とても50代には見えません。生徒に惚れられて西日が差す教室で「入っちゃった」とハメ。感じだすと「いやぁ」の本気っぷりは熟女らしい。その交わりを知った別の生徒にも脅されるように更衣室ファック。それでも「イキたい」がエロ妖しいです。教卓のギシギシ軋む音や汗にも熱中ぶりが出てる。

動画を見た感想

ピチピチしてますどう見てもおばちゃんなんですが、カラダにハリがあってキレイです。エロさもあっていいですね。
夏の冷房も無い高校教室での補講作品設定に少し無理があると思うが、それは差し置いても
彼女の美体がよく表現されている。
もう少し彼女を生かす設定であれば☆7で良いと思うぐらいです。内容は絡みが3回と自慰1回です。自慰は椅子の上で凄くぎこちない感じで撮影現場の中で衆人の前での行為の恥ずかしさが感じとられて見ごたえがあります。
最後の絡みは非常にリアルな感じが伝わってきて私のお気に入りです。ここまでマドンナの3作品を見ましたが共通して言えるのは女優さんを生かし切れたストーリーがもう少し織り込まれていれば最高であると思います。また何故か3作ともオッシッコ(潮)が絡みます、女優さんのキャッチなのでしょうか。次はSODの4作を見てみます。
身体が綺麗ですライティングとカメラワークが絶妙です。今まで作品にはないい外光がある中での撮影なのでとてもよく白くて綺麗な身体が見れます。局部アップもかなりはっきりと見えます。毛の処理もばっちりです、それが何ともキワキワでそそります。
由美ちゃんの違った面がでていますこの女優 安野由美さんのAVを初めて見てはまってます。
今まではほとんどAVを見たことが無かったのですがネットでたまたま見かけて俄かAVフアンになってます。もちろん全作品を見ています。
今回は設定が別居人妻教師という設定です。以前のSODの設定
と異なった設定なのでアレと思うかもしれませんがそれほど
以前の策が思い込める作品設だったのかもしれませんが今回は
女教師と言う設定で良くある設定のようですが私にはミニスカ
の由美先生は新鮮です。出来の悪い生徒になりたいくらいです。ミニスカの後ろ姿を見るだけでうっとりとします。
何回かの絡み(回数はお楽しみに)が楽しめます。
人気設定の女教師ものどんな展開になるのか発売前から楽しみにしてました。
ミニスカの由美さんはかなりミニスカがパツパツでエロい!
年齢設定が無いのが惜しいところです。
かなり若い設定で行けると確信できる内容です。
若い女教師物では味わえないエロスが伝わってきます。
夏過ぎに撮影をしたのか首と腕の日焼けがリアル感をましている。こんなエロい先生がいたら生徒たちはたまらないだろう。
カメラワークが素晴らしいとにかく光の使い方が素晴らしい作品です。女優さんの体を輝かせるカメラワークです。作品によってはは暗すぎて?て感じのものもあるなか良作です。
設定が意味を持たなさ過ぎると…演技力の弱さを覆い隠す為なのか、
別にことさらの意味を持たせているつもりなのか、

こういう作品にしかならない。

エロさなんてドコにも見い出せない。

中年の女教師と、男子高校生が、
ありきたりの交接を、何種類か続ける。
それだけ。

極エロ作品には、コウでは無いモノが様々に組み込まれて、
カメラもHなアングルを良く知り、
特に最近は音声(息づかい)をしっかり拾いきっているかが、
エロさの度合いを高めている作品が有ることに気付くことが多い。

この監督さんは、ベテランの力量ある人の一人だと思っていたので、
これらのコトは当然考慮の中に有ると思う。

結果的に平板なコウいうモノになるしか無かったのは
女優さんが、監督のすべてを体現するには、不足する点が多々ある
からかも知れない。
よくは分からないけれど。

水鉄砲のシーンがこんな綺麗な先生、いたらいいですよね、ムラムラ来ますよね由美さんは
外れのない女優さんですね
ミニスカのピチピチの先生、たまらない!熟女女教師の設定ですが年齢を感じさせないミニスカのピチピチ先生です。
こんな先生は罪つくりです。
今までの人生ではであったことのない美人教師です。
お勧め出来ません。先般、朝霧監督の 「帰郷義母 三浦恵理子」を酷評したが、この作品もまったく駄目。たぶん、朝霧監督と私のエロに対する感性の相性が悪いのだろう。
これだけ、レビューの評価が高いのに、水を差して恐縮だが、安野由美が、あまりにも演技が下手で、白けてしまう。 熟女として容姿は申し分ないが、やはりドラマなのだから、最低線の演技力がないと、見ていられない。
見た目は好みだが、たぶん、彼女のAVは、もう見ないと思う。

このエロ動画はどうでしたか?