【熟女】 人妻、縄酔い記録。 宮部涼花

マドンナで専属デビューして1年と数カ月、圧倒的美貌とパフォーマンスで熟女ユーザーを虜にしてきた人妻42歳「宮部涼花」が、遂に緊縛プレイに挑む。『私の中に眠るマゾ性を引き出して欲しい。』撮影前にそう語った彼女は、<初縛り、初吊り、初蝋燭…etc>初めてのSMプレイで、全身を駆け巡る苦痛と理性を失う程の心地よさに酔い痴れた。そして、全ての撮影を終えた彼女は、開放感からか大粒の涙を流していた…。人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 – DMM.R18

パッケージ画像

人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 パッケージ画像

キャプチャー画像

人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 1枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 2枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 3枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 4枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 5枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 6枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 7枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 8枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 9枚目人妻、縄酔い記録。 宮部涼花 キャプチャー画像 10枚目

雑誌掲載コメント

緊縛に蝋に飼い犬プレイ 初めての官能に酔う人妻42歳でAV業界に飛びこんだ人妻女優・宮部涼花が、初の緊縛に挑戦。シバリだけでなくいわゆるSMプレイも経験ゼロだってことですが、いやいやどうして! 柔らかな熟女ボディに食い込む麻縄はまさしく官能美の極み。縛師でもある魁氏が監督しただけあって、宙吊りやだるま縛りなどのハードで美しい緊縛がてんこ盛りの一本になっております。緊縛したまま熟れたカラダを責められたり、首輪姿で飼い犬として調教されたり。最後はなんと蝋燭責めまで。つい1年前までは普通の人妻だった彼女を襲うガチなプレイの数々。すべてが終わった後のインタビューでは、感極まって思わず涙を見せておりました。 (月刊DMM – 遠藤)

動画を見た感想

SM作品と思って買ったらがっかり…とにかく責めが温い、前半一時間ちょいなど要らないです
後半の吊りのシーンも、これからって所で次のシーンへ行くし…せっかくのムチムチ熟女の宮部さんの素材が台無しです。後半のシチュエーションが薄い部屋での吊りライティング等良かっただけに、残念でなりません…
やはり緊縛といえば、ジトーッて霧吹きではなく
苦悶の脂汗流しながらもがいてピクピクイクみたいな
そういうのが見たかったです。次作に期待します。

泣く理由もわからない撮影が終わってインタビューで泣きだすが見る側にとっては意味不明である。製作者側にはよく頑張ってやってくれた見たいな現場の雰囲気があったのかもしれないないが見る側としてはエロさが半減する。
プロらしく終わって欲しかった。とにかく責めが甘いですね。作品ごとに落ちていく彼女のモチベーションを手に取るように分かりました。最初の頃の勢い、エロスはどこへ・・
最後の涙、訳わかりませんね。(感極まったんでしょうけど、敢えて厳しく書きます)
こんな作品残すくらいだったら、黙って引退して欲しかったですなあ。
もう過去の人です。
緊縛される涼花さんの熟れた身体は妖艶です。初緊縛作品にしてはハードな内容です。

監督兼縛師は、魁さん
インタビュアー兼調教師、前半は佐川銀次さん 後半は笹木良一さん

性交に関して、
佐川さんとの初緊縛。笹木さんとの縄酔い性交。共にフィニッシュは、外出し(胸)

気になった場面
犬調教では、かわいい舌を使い上手にミルクを飲んでる様子は、とても愛らしい。
吊りは、光と影の絶妙なコントラスト、振り下ろされた髪、涼花さんの表情、官能芸術です。
蝋燭プレイでは、何度か「暑い」と発言したり、悲痛な唸りを上げっぱなしで、ちょっと引いちゃいました。

撮影終了後のインタビューでは、
色々な思い(撮影経緯、プレイ内容)が、交錯して感極まって涙。

リアルドキュメント形式のSM作品好きには、お勧め。
ノーマル作品での涼花さんファンには、刺激が強いかも知れません。 

残念ながら、涼花さん
最初で最後の緊縛作品となってしまいましたね。

このエロ動画はどうでしたか?