【寝取り・寝取られ】 隣人を密かに愛して…。 水原梨花

会社の社員寮で仲睦まじく暮らす水原夫妻の隣に大木という男性が引っ越してきた。ある日、洗濯物が隣のベランダに引っかかって妻の梨花は大木に声をかけると…。穏やかな彼の人柄に好印象を持った梨花はついつい世話を焼いてしまう。しかし梨花の優しさに密かに惹かれていた大木は、隣の部屋に夫がいるのもかまわず欲望のままに押し倒してしまう。淡白な夫にはない激しいSEXに梨花の身体は痺れるような甘い疼きを覚えて…。隣人を密かに愛して…。 水原梨花 – DMM.R18

パッケージ画像

隣人を密かに愛して…。 水原梨花 パッケージ画像

キャプチャー画像

隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 1枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 2枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 3枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 4枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 5枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 6枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 7枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 8枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 9枚目隣人を密かに愛して…。 水原梨花 キャプチャー画像 10枚目

雑誌掲載コメント

ベランダ越しに口づけ… 秘密の遊戯に身体が疼くファッションモデル&人妻の水原梨花が、隣人との不倫に溺れる! これで36歳子持ち…全然崩れていないスタイルに驚愕。顔は年相応の小ジワはあるが、清楚な美人であることは間違いない。セックスレスの彼女は隣人男に部屋に誘われ、なし崩し的にH。しかも自分の部屋に夫が居る状況で。長い脚を窮屈そうに折り曲げ、膣奥までガシガシ突かれてイキまくるその姿は、欲求不満なスケベ女そのもの。アナルまで綺麗な完璧ルックスだけど、若いアイドルのようなソフトなカラミが中心で、せっかくの「熟女」って要素がまだ活かしきれていない。甘えさせず、もっと激しく嬲ってやれば、彼女の魅力が開花するかも? (月刊DMM – 平川)

動画を見た感想

押しに弱い美人妻☆スタイル抜群、きれいなお顔、可愛い声と魅力ある女優さん。隣人の男に迫られも強く抵抗できず徐々に快楽と背徳感に溺れていきます。溜まっていた性欲を解放していく過程はヤラシくていいですね!肉棒へのご奉仕もエロくねっとりしてるし、男とした時のことを思い出しながらすんごいヤラシいオ○ニーをします。本番も最後の方は性欲を爆発させて快楽に溺れイキまくり腰をクネらせてしまいます。また喘ぎ声が可愛いかついやらしくて興奮しますね☆オススメです!
マジでいい顔「1000年に1人」という強烈なキャッチコピーでAVデビューした水原梨花。
2作目ですが,やはり,並の人妻とはレベルが違います。
かなりの美顔,長身でスタイル抜群のボディー。
パケ写はイマイチだけど,
ベランダでのシーン,素のお顔を見ただけで,チ○ポ勃起しちゃいました。
マジでいい顔!!
しゃべりも可愛らしい。
そして,男と絡むとエロさを発揮。
舐めフェラは上手いし,SEXでのアヘ顔はイマイチだけど,可愛らしい喘ぎが興奮させるし,
顔射,口内発射受けも素晴らしい。
口を開け,ザーメンを自ら受けにいきます。
さらに,演技力あり。
すべてにおいて,かなりデビュー作より,よかったです。
モデルとしての素材をAVでイカして,エロさ進化中です,水原梨花。
末永くAV女優を続けてほしいです。

水原梨花さん色ぽいこのシリーズ全部見たが、隣の男と人妻が肉体関係になるの早すぎる。少しは人妻の背徳感や、貞操感が無ければ面白さに欠ける。迫れば簡単に股を開く、尻軽女のドラマに見えてくる。
また亭主が帰宅したのに隣人の男と最後まで関係しちゃうなんてどんだけ時間に余裕があって罪悪感ないのか。
最初の関係はキス止まりが現実的、旦那とレスの表現も無ければ旦那とのセッ〇スに不満の表現も無かった。
それに日中のベランダ越しのベロチューを堂々とやるのも現実味がない。
登場した俳優陣が良かっただけに脚本・演出ちゃんとやって欲しかった。
ファションも見所好感持っていた第3作の本田岬版のリメークとってもいいが、今回もでよく使われるベランダ越しに顔を突き合わせることのできるアパートの構造をうまく使っていた。

社宅として使われているアパートに大木という開発部の男性が単身で引っ越してくる。隣の水原梨花の夫は、営業職である。梨花に一目ぼれした大木は、洗濯物を使って梨花に接近しようとするので、ストーカーレイプものになるのかと危惧するもそれはあっさりと未遂に終わり、夫が仕事で帰りが遅くなることがわかって、大木の部屋で食事をして親しくなり、ベランダで楽しく会話しているところで夫が帰宅したので、帰ろうとする梨花に口づけをして、梨花も受け入れて隣室で関係を持ち二人は不倫関係になるという展開は好感が持てる。ただ、気になったのは相変わらずの感想会と称して三人で会食しているシーンで、夫が酒に酔って寝ている傍で二人が最後までいってしまうという展開は不自然、無理がある。隣同士なので大木の部屋まで行くというのが自然だと思う。

ご愛嬌は、梨花が大木に口淫している最中に電話が掛かってくるのだが、それが梨花にではなく大木だというところ、これは奇を狙いすぎ。

しかし何よりよかったのが、このシリーズ特有のラストだった男が再び引っ越していって関係が終わるという展開でなかったことだ。ベランダ越しにキスをする梨花に夫が会社に出かけのに明るい声で「いってらっしゃい」と答えて再びキスをして関係がこれからも続くことを匂わせる展開になっていた。なぜ、大木が出勤しないで在宅なのかというのも部署が違っているという最初の設定が何となく生きている。

また、水原梨花のファッションも衣装5パータンに下着もファッショナブルなものを着こなしていたが、それも見所である。難点は、トップシーン以外は、超ミニのタイトスカートが多かったことか。大木との関係が深まって超ミニになっていくという風になっていれば、なおよかった。

水原梨花サイコー色っぽく、喘ぎ声がたまりません!イキ顔がスザ○ヌに似てます。
ヴェランダの隔板越しの不倫社宅の隣室に「大木」(トニー大木)を迎える「水原」夫妻。白いシャツと花柄のフレア・スカートを着けた「水原梨花」が、洗濯物をヴェランダに干す。隔板の向こうで喫煙する大木に、謝られる。
大木は洗濯物が風で飛ばされたと偽り、梨花を訪ねる。今度は水原家の洗濯物を奪う。
洗濯物を取り込む梨花は、大木家のヴェランダに洗濯物を見つける。大木を訪ねて洗濯物を受け取る。
おかずを大木にお裾分け。ヴェランダで一緒に夕景を眺める。夫「陽八」(竹本陽八)の帰宅を知り、帰ろうとするが、大木に唇を奪われる。
ベッドで胸を揉まれる。シャツをたくしあげられ、白地に黒い縁取りのブラをしだかれる。カップをはだけられて乳首を吸われる。スカートを下ろされて股間をまさぐられ、ショーツに手を入れられる。首筋や尻を舐められ、指マン。ショーツを下ろされてクンニ。手コキ、即尺し、69。正常位、屈曲位、前座位、騎乗位、いすか取り、正常位で腹射。
ベージュのタイト・スカートと紺の半袖カーディガンを着けて、陽八を送り出す。大木と顔を合わせれば、陽八が酒を飲もうと誘う。
帰宅した大木に押し入られ、梨花は唇を重ねる。大木の部屋で尻を揉まれる。直後に帰宅した陽八の影を窓の外に見ながら、カーディガンとブラをたくしあげられて乳首を吸われ、股間をまさぐられる。陰茎や睾丸をしゃぶり、手コキで舌射。
花柄のパジャマを着て、陽八に添寝。前を広げて乳を揉む。ダイニングでズボンを下ろしてマンズリ。上も脱いで身悶える。
ヴェランダで喫煙する大木と、眼が合う。パジャマを着て、ヴェランダで隔板越しに舌を絡める。部屋に来いと誘われるが、陽八の横に戻る。
黒いミニスカとピンクと白の横縞の半袖ブラウスの上にグレーのエプロンを着け、陽八と大木を迎える。エプロンを取って、酒席を囲む。陽八が酔い潰れれば、大木にべろキスされる。
ベッドで胸を揉まれる。ブラウスを脱がされてタンクトップと薄桃色のブラをたくしあげられ、乳首を吸われる。乳頭や陰茎をしゃぶる。ミニスカをまくられてショーツを下ろされ、クンニ、指マン、アナル舐め。陰茎や睾丸をしゃぶる。立ちバックで貫かれる。タンクトップとブラを取られて伸脚後背位、後側位、裾野で突きまくられる。ミニスカを脱いで騎乗位、前座位、正常位で舌射、お掃除フェラ。
机で読書する陽八の目を盗んで、ヴェランダの隔板越しに大木と舌を絡める。
どの面から見ても、ハイスペックな資質・個性デビュー作ではそうとう緊張していたことが本作を観ることで分かった気がする。
あれはあれでもちろん良かったですよ。

前作は何かに出品するメーカー挙げての質量動員モノだったようだ。知らなかった。
新人女優がそれを聞かされていたら、余計に緊張するだろう。
制作担当がチカラ任せに(?)ヤタラ長くしてしまった(?)のも、或る種の緊張感か?

今作は、不要なシバリがとれたからか、
何よりもユーザーに有り難いのは、
女優さんがより自然に綺麗に美しく生き生きとその個性を発揮し始めたように映ったことだ。

冒頭部・社宅廊下での朝の挨拶シーン(例)。
りんか・梨花さんの笑顔が良い。こんなに美しい人かと思いましたね。
立ち居で見るスタイルの良さ。(ホンの一例)
前作「罪悪感」の箇所で「指示」された時の、あの疲れた感じの人とはまるで別人のようだ。
今後はこれをベースにしたこの人を観ることが出来ると思うと楽しみだ。

女性を不細工方面寄りに仕立てたければ、
睡眠不足とか強い緊張とか力量不足のメイクさんとかがあればいい(?)

絡みがタップリ有り、美エロがこれだけ用意されれば十分に満足できます。☆5
照明も、普通なら暗がりで見にくい箇所でも、女優さんをシッカリ浮き上がらせてくれます。
(喘ぎ声・指向性マイク(?)のこと、前作と同様。)

フェラ、とても良い。
躰が柔らかい。尻形が良く、それを鷲づかみし揉むシーンや、
四つん這いでのウェストのアーチ・背面シナリ具合などにそれを感じる。
オナニー・その指使い、指も長いから
この人の見所は、他にも様々に広がり見い出していけることだろう。

演技の潜在的腕前が高いことも分かりましたが、
あまりアラスジにこだわらず、
この人の素のままの美味しい部分がたくさん画面に映るようなHシーン満載・連続の
今作のような作品を今後も期待したい。30代~40熟女の味です。
どの面から見ても、この人が持つ資質・個性はハイスペックだと思いました。☆5

トニー大木、この種の作品でも良い仕事している。
下腹も出てきて腕前でも良い味が出て来たと最近思います。

<面白く感じたところ>二つの【いってらっしゃいあなた】
この監督は粋だと思った点でした。

このエロ動画はどうでしたか?