【熟女】 親父の女 篠田あゆみ

8時15分。遠回りだと分かっているのに、僕はいつも決まってこの道を通って学校に向かう。名前も知らない初恋の人に会う為に。そして、ようやく挨拶が出来る仲になったある日、僕はある事実を知ることになる。初恋の相手は、女癖の悪い親父に愛想をつかして出て行った母に代わってやって来た親父の恋人だったのだ。その晩、親父の部屋から親父と僕の初恋の相手であるあゆみさんがセックスをしている声が聞こえてきて…。親父の女 篠田あゆみ – DMM.R18

パッケージ画像

親父の女 篠田あゆみ パッケージ画像

キャプチャー画像

親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 1枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 2枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 3枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 4枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 5枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 6枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 7枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 8枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 9枚目親父の女 篠田あゆみ キャプチャー画像 10枚目

雑誌掲載コメント

息子は父の女を寝取ってはじめて一人前になる!学校の行き帰りにみかけては気になっていた綺麗なお姉さん。しかし彼女は父親のオンナだった! この手の話はオヤジの濃いセックスを受け止める「いい女」と、少年の高ぶりを笑顔で感じる「お姉さん」の両方を楽しめるのが良いところですが、どっちもハマるのがあゆみ姉さん。オヤジとのカラミでは、ドスケベなTバックを着用し濃厚ベロキスに、鏡に自らのマン穴を見せつけて楽しんだりと大人ならではの色情狂めいたセックスをオヤジと楽しむ。息子相手には、まずはお風呂でつい勃起してしまったムスコをフェラで愛で、パイズリで発射まで導く。続いて酔っ払ったオヤジを横目で見ながらのペッティングでは手コキ足コキ、そして尻コキまで。「まだまだ私の相手をするには早いわね」と挿入は許さぬ寸止め具合がニクイ。そしてラストは念願の初挿入。そんな少年の勢いに応えつつ、さまざまな体位でリードするあゆみ。いい女感120%! (月刊DMM – 大坪)

動画を見た感想

本番前に素股10分とか馬鹿なの?序盤はシリーズの中ではそこそこいい出来な感じだった。
息子と愛人の間に人間関係があったと設定することによって
どこからかやってきた赤の他人というよりも背徳感が強い。

本番と本番の間が長く中だるみ感はあるものの、後半に
憧れのお姉さんとついに結ばれるというところまでは
脚本的には悪くなかったのだが、最後がよくなかった。

いよいよ本番というところで、素股尻コキが10分近く延々と続く。
憧れの女と結ばれるというときにそんなことするか?
正直、この監督が何を狙ってたのか全く意味不明。

情感深く結ばれたはずの女があっさり去ってしまう使いまわしのラストも微妙。
設定変えたんならラストも変えればいいのに。去ったはずの女が掃除道具持って
すれ違う最後もよく分からん。

もっとシンプルに余計なことしないでよかったんじゃないだろうか。
いろいろ蛇足という評価が妥当に思える残念な仕上がりだった。

このエロ動画はどうでしたか?