【寝取り・寝取られ】猿轡レ×プ調教 川上ゆう

夫の出張中に自宅で不審な物音がし、様子を見に行くとそこには見知らぬ男が。慌てて悲鳴をあげるも猿轡をはめられ自由を奪われてしまう。男は指名手配中の凶悪犯で悪事を全く悪いと感じない卑劣な心の持ち主。ゆうの嫌がる姿や泣き叫ぶ姿に興奮し散々そのカラダを楽しんだ後は闇の世界に売り飛ばそうと画策する…旦那の前で犯され、毅然とした視線を旦那に送るも猿轡をはめられた口からはだらしのない唾液がダラダラと溢れ出る!猿轡レ×プ調教 川上ゆう – DMM.R18

パッケージ画像

猿轡レ×プ調教 川上ゆう パッケージ画像

キャプチャー画像

猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 1枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 2枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 3枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 4枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 5枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 6枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 7枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 8枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 9枚目猿轡レ×プ調教 川上ゆう キャプチャー画像 10枚目

動画を見た感想

やっぱり好きなんだよな今回は川上ゆうさんは綺麗な方なので思わず即買い!!
猿轡はボールギャグ3回とバーギャク1回の内容。
最初の猿轡はお風呂場と言うシチュエーションで猿轡をハメたままで浴びるシャワーはかなりエロいです。
(SEXシーンが無いのは残念)
おなじみの牢屋のシーンもギャグと首輪を付けたまま犯されるのはやはりいい!!
そしてラストの旦那の前での見せ付けシーン最後にギャグのまま顔にかけられて動けなくなるのもいい。
ただ猿轡の意味(愛)が弱いです。
やはり犯す人がただ付けたままで犯したいという衝動が感じられない。
口で説明したりはしてますがあくまで喋れなくする為だけです、それならガムテープなどのほうが流れ的に自然になってしまうので、あくまでボールギャグを付けたいと言うワガママ差がほしい(といいがら基本使うのがボールギャグなのはかなりのご馳走です!!)
猿轡レ×プ調教なのに外している時間もかなりあり残念。ボールギャグも大きいサイズのなので残念(やはり口の中に収まるサイズが好みで女優さんの顔が綺麗に映る)
男が侵入して犯すまでのシーンも長々と説明だけで長い気がします、そこは犯しながら説明していた方がAVとしてはよかったのでは?監督さんはちゃんと理由をしっかりしたい方ですかな?
風呂場でのバイブも奥さんの私物というのもそそりますが、あくまで全部侵入した男が持ってきたの方がボールギャグ持ってるのに違和感もないのでは?
最後は調教されてのに奥さんの心が旦那に残ったままなのには驚きました、ここは個性ですね。
残念なのはやはり猿轡をタイトルに据えてはいるがやはり今までのより猿轡感がないです。(つけてない時間が多い)
けど女優さんの良さ、シーンの良さ、最初のシャワーシーン、牢屋での付けたままでの水分補給、最後の手に服が残ったまま犯されている姿はかなりよかったです。
西川さんがこのシリーズを創ってくれないのは残念ですが、ボールギャグSEX好きしては、このシリーズをつづけてくれている監督ZAMPAさんには感謝です。
表紙はシリーズ初の赤い猿轡ですね。

このエロ動画はどうでしたか?