【巨乳】 BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ

和の拘束美と洋の徹底した責めの美学が融合したジャパニーズBDSMが誕生!!今回は敏感Hカップ:吉川あいみが完全人体固定で快楽肉便器と化す!!【人間椅子お仕置き玩具責め】【ハリツケ強制開脚鬼イカせ】【鉄パイプ吊りFUCK】【メス犬フェラ&パイズリ】【人体固定服従FUCK】と徹底的に責め堕とす!!※BDSMとは女を絶対服従させる為に身動きを奪い快楽被虐プレイで屈服させる行為である…。BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ – DMM.R18

パッケージ画像

BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ パッケージ画像

キャプチャー画像

BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 1枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 2枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 3枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 4枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 5枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 6枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 7枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 8枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 9枚目BDSM 緊縛×拘束具×人体固定 吉川あいみ キャプチャー画像 10枚目

雑誌掲載コメント

拘束されていると快感は何倍にもなるらしいタイトルのBDSMとは「ボンデージ、ディシプリン、サディズム、マゾヒズム」の略です。日本で一般的に言われるSMは海外だとBDSMと称されることが多いようです。ちなみにボンデージは捕らわれる、拘束の意味で、ディシプリンは刑罰や躾を意味します。本作の説明文では「BDSMとは女を絶対服従させる為に身動きを奪い快楽被虐プレイで屈服させる行為である」となっていますが、まぁ、拘束させてイカせまくる、というコンセプトの作品ということです。BDSMされちゃうのは、吉川あいみちゃん。彼女を拘束するとなれば、いかにそのHカップ巨乳が魅力的に見える縛り方にするかが大きなキーポイントになりますね。本作は、あまり他の作品で見ないようなユニークな拘束スタイルが多く登場するんですが、あいみちゃんの巨乳は四つん這いっぽくさせて、重力に任せるのが一番その大きさを実感できてよいです。そんな拘束が何回も出てきて、うむ、わかってるな、と思いました。ちょっとおもしろかったのが、首輪をつけて犬のように扱う、SMではまぁ、おなじみのプレイなんですが、あいみちゃんの鼻を黒く塗ってるんですね。これが似合っててすごく可愛い。普通だと笑ってしまうんですが、妙にハマってて不自然じゃなかったんですよ。その顔でフェラやパイズリ。うん、これは可愛かったです。拘束されて責められるというのは、普通よりも快感が増すのか、あいみちゃんの反応も激しいです。片脚を吊られた状態でのバイブ責めの時など、イッた瞬間に吊られてない方の脚まで上がってしまって、身体が宙に浮いちゃってましたからね。これはよっぽど気持ちよかったのでしょうね。 もちろんセックスの時も拘束したまま。こちらの反応も激しかったですよ。 (月刊DMM – 安田理央)

動画を見た感想

物足りないBDSDという設定だが全体的にぬるい。固定されてバックから突かれてるシーンでは吉川あいみの爆乳が揺れて最高のシーンのはずなのに男優がゆっくり突くので何もエロを感じないまま終わっている。他にも似たようなものばかりで吉川あいみの良さが一切引き出されていない。「BDSMごっこ」というタイトルに変えるか他の監督に撮ってほしいくらい普通の作品
飽きる!顔、スタイル共、見た目は合格点だが、いかんせん責めがどう変わろうと「ア~~ア~~!キャーキャー!」と色気無い高校生の様な声が延々続く。
1回観ただけで飽きてしまう。
残念 吉川あいみのファンで見たが興奮する場面無く終了。巨乳を生かせていなく残念。
使えないとにかく冗長すぎる。
チンタラチンタラいつまでも同じことを延々繰り返し、見ていてウンザリする。早送り無しでは非常にツラい。あの内容なら60分ほどに短縮して十分だろう。2時間以上にするなら、もっと工夫すべきだ。
女優の反応も良くない。
なかなかの巨乳だし体も顔も相当良いのだが、他のレビューにもあった通り、色気が無くギャーギャーとガキのようにただ騒がしいだけの泣きわめきには嫌悪感さえ抱く。
素なのか演技なのか不明だが、とにかくこちらの気分を萎えさせてくれる。
この女優はおそらく他の作品でもこうなんだろう。見る気が一気に失せた。

このエロ動画はどうでしたか?