【淫乱・ハード系】 悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな

アナルに響く快感と拘束で、コントロール不能の下半身がビクビク跳ねあがる!アナルフック拘束、2穴失禁絶頂、緊縛アナル中出し、サンドウィッチFUCK…。自由に身動きのとれない状態で肛門に快感を与えられ続け、女の身体が狂い出す!ぽっかり口を開ける尻穴も痙攣する腰も、もはや意識とは無関係。下半身をくねらせて悶絶絶頂するアナル狂い・水原さなの痴態全5コーナー。悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな – DMM.R18

パッケージ画像

悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな パッケージ画像

キャプチャー画像

悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 1枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 2枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 3枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 4枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 5枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 6枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 7枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 8枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 9枚目悶絶腰砕け アナル拷問 水原さな キャプチャー画像 10枚目

AVライターコメント

拷問のようなアナルファック、それでも「もっと」の変態人妻ついこの間、旦那にもさせていないアナルファックを初体験した「水原さな」、再びアヌスものです、しかも拷問系。拘束して、フックをケツ穴に挿れて、腰を動かしてしまうと食い込むように縛ると、そこから電マ責め。感じて食い込み、さらにはチ○ポを欲しがってケツで感じるドMな姿は、旦那が見たらショックかも。ロングバイブで2穴責めでもイイ尻の突き出し方してる。その尾てい骨が盛り上がっているようにも見える…。

動画を見た感想

ア○ルでイキ狂う綺麗な女の姿が拝める!まず1つ目のシーンでは、立ったまま腕を上げて脇丸見えの状態で拘束・ア○ルフックをしての電マ責めがとても良かった。しかもハイヒールを履かせているので、責めると腰が引けた状態になるのもエロい。「食い込むー!お尻に食い込むー!ダメッ!」と言って失禁するところや、その体勢を維持してのフ○ラも◎。
2つ目は、後ろ手に縛った状態でのセックス。パックリ開いたア○ルが拝めます。「奥に当たるー!当たるー!」と喘ぎながらマ○コを突かれ、ア○ルを突かれると若干茶色い汁を垂らしていた。アへ顔も大変美しい。
3つ目は、御開帳した状態で椅子に拘束し、低周波治療器を二の腕とお尻に装着しバイブ責めにするというもの。白濁本気汁を垂らしているのがエロかった。
4つ目も、椅子に拘束され2穴をバイブで犯されるのだが、犯されているときの彼女の全体像と顔が2画面で見れるところが良かった。喘ぎ声もセクシー。
5つ目は、猿轡・鈴付きクリップを乳首にはめて四つん這いで拘束され、涎をダラダラ垂らしながら責められるところが良い。涙を流しながら、2本のチ○ポを手を使わずに舐めるところも良かった。2穴当時挿入で拡張されたア○ルもしっかり拝めます。
「アナルでイカせて~」とか言って水原さなを初めて見た。予想したよりもアナルスキルが高くてビックリ。拷問ってタイトルだけど自分から欲しがってイキまくり。
アナルと2穴のセックスシーンが秀逸。縛られて動きづらいのに受身にならずイヤらしいセリフで盛り上げてくれるからすごいよ。
チンチンが余裕で入る肛門は感度抜群。もはやマンコと変わらない感じ。リアルに気持ち良さそうで本当にイッてるように見える。
真正アナル女優
アナル拷問というタイトルの割には、責めは大したことはありません。
アナルで逝きたいアナル女優の水原さなの起用作品としては、物足りない責めです。
アナルディルドは、水原さな用に、もっと、太くて長いものを準備して、挿入すべきでした。
チ○ポを二穴に同時挿入するより、太くて長いバイブや異物をたくさん挿入して欲しかった。
これを「拷問」と呼ぶとは知らなかった女優はアナルでも敏感に反応しており良かったと思う。あとは演技力だ。

作品としては、タイトルと内容がかけ離れていたので、減点した。

序盤の女優の反応は演技以外の何物でもないのでこれも減点対象とした。
序盤から監督の指示だろうが見え見えの演技をされると、白けてしまう。
例えば、目隠しをし、下着の中にローターでも仕込んであればまで許せるが。

アナルフックは良かったと思う。使い方も面白かった。ただ欲を言えば天井のフックなどを通し男がもっと操作する方が更に良かったと感じた。

やたらと玩具を使いすぎる点も減点だ。どれでどの位感じているかが非常に解りずらくなり似たような物まで使う必要性がプレイに感じられず、一つ一つのプレイが雑で短時間で終わっている。初心者に多いプレイだ(道具だけは大量に準備して、ある物はとりあえず使ってみる)。

終盤のボールギャグもそうだ。すぐにはずしてフェラし、またすぐに嵌めている。フェラを想定していたら開口具を用意するべきだ。そしてボールギャグを使うならば声のトーンを変える場合や鏡などで羞恥を煽ったり、ヨダレだ。

まあ若い学生がやりそうなプレイとして観れば評価は出来るが。

ある人が、イカせてもらえなければ「拷問」とあったが、この程度では足元にも及ばない。気が狂ってしまう程でなければね。

さなさんには拷問でしょうタイトルの「拷問」は本人の意に反した強制的な性行為って意味ではなく、「ヘビの生殺し」の意味です。
なので本人には拷問ですね。
しかし作品が進むにつれてちゃんと逝かせてもらってるので、本人としては満足したんではないでしょうか。
普通に子育てしてた主婦がこんなコトを人前で披露するようになるなんて感慨深いものがあります。

このエロ動画はどうでしたか?