【寝取り・寝取られ】 私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久

自宅で夫に仕事の指導をする上司、大島。そんな彼を疎ましく思う莉久だが大島には別の魂胆があった。夫の不在に現れ夫の成績不振を理由に莉久を犯す大島。人がいい夫をよそに彼の淫虐調教は暴走する!夫のそばで股を開かせ巧みな手管で莉久を堕としてゆく大島。彼の言葉責めに莉久の身体は熱く痺れて…。私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 – DMM.R18

パッケージ画像

私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 パッケージ画像

キャプチャー画像

私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 1枚目私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 2枚目私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 3枚目私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 4枚目私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 5枚目私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 6枚目私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 7枚目私、実は夫の上司に犯され続けてます… 湊莉久 キャプチャー画像 8枚目

AVライターコメント

今作での莉久嬢はお淑やかに、でも一瞬卑猥に嫁こと「湊莉久」もいるのに部下の自宅で上司が指導とは変な話だけど、この男には彼女を寝とるという狙いもある。上司を疎ましく思う彼女、腕をいきなり掴まれた時の、目を見開いた驚き方が良い。抵抗むなしく泣かされるようにハメられて、何度も強いられる内に「気持ちいい」となるんですが、芝居をしすぎて却って変態エロ娘に見えちゃう時があります。その一瞬には笑ってしまうけど、それ以外は上手く寝取られ妻を演じてます。

雑誌掲載コメント

上司なだけあるデカチンに服従してしまう社畜妻家に帰って来て、こんな奥さんがエプロン姿でニコッと微笑んでくれるのなら、もうどんな人生の私利私欲も忘れ彼女につぎ込みたくなる……そんな魅力的な人妻・莉久ちゃんが夫の上司に脅され、定期的に犯される強制セフレに。まずは自宅に押し入った上司が、夫のクビをちらつかせながら身体を奪われる。粘っこいクンニと強制フェラに屈辱にまみれ、「それはやめて!」という懇願もむなしく上司の巨大マラをずぶり。最後も「舌を出さないとどうなるか……」と脅した上での口内発射。それ以降も夫が別の部屋にいるのにも構わずフェラさせたり、さらに夫が酔いつぶれてるのをいいことにオナニーをさせる上司。しかし彼女も徐々に服従し、自らの心を守るためかそれとも夫を守るためか、その声は快楽声に。それも結合部を見せつける背面騎乗位の気持ちよさについ「抜かないで」と言ってしまうまでに。背徳の快楽に堕ちる様、色気あります。 (月刊DMM – 大坪)

動画を見た感想

しっかり者は似合わないかな電話シーンから始まるストーリー展開は面白いです。幼さの残る莉久ちゃんにしっかり者の若奥さんは似合わないのと、凌辱シーンがぎこちないです。
ただ、カメラアングルよく彼女の美しさ、エロさを捉えており、AVとしては抜きどころ満載のいい作品に仕上がっていると思います。キレイないいカラダをした素敵な女優さんですね。
これはこれでいい作品だと思います湊莉久の作品はほとんどが痴女的なものが大半です。
人妻役で少し控えめな役どころが少ないので、これはこれでいい作品だと思います。まだ若いのでそうそう人妻役が適役になるとは思いませんが、これからの活躍の一助にはなるのではないでしょうか。
堕ちるのが早いとかいう意見もありますが、最後までイヤイヤで通されるよりは
全くいいことだと思います。
男優の緩急をつけた責めが完成度高い1日で完堕ちとか書いてるアホなレビューがあるけどただの勘違い。
わざわざ服装変えて描き分けてるのに、どのシーンがどの日の出来事か
理解できなかったみたいだね。

この作品はシリーズ中1,2を争うほど男優の責めが見事。
単調にチ○コ突っ込むしかできないタイプのマッチョ男優かと思ってたけど、
緩急をつけ言葉責めを交えて肉体だけでなく精神的な責めにも重きを置いて
堕としていく感じは、田淵か笹木か吉村かというくらいレベルが高い。

女優の方にもそれに応じるだけの演技力があるからできたことかもしれないが
カラミの完成度という点ではシリーズトップクラスだろう。あいかわらずの
掃除シーンで無駄な尺を取りたがる溜池の病気だけがマイナスポイントだった。

喘ぎ声が次第に色っぽく旦那の上司・大島に旦那のリストラをちらつかされ、カラダを要求される莉久。
嫌がりながらも応じるしかない莉久であった。
湊莉久21歳、小動物のような愛らしい顔立ちで清楚な若妻役も似合っている。
瑞々しい裸身、張りのあるおっぱいで、美マンだ。
堕ちた後も下品な痴女にはならず、女としての恥じらいを保っているのが高評価。
莉久の喘ぎ声が次第に色っぽくなっていくのに興奮した。
♪こぼれてしまう「抜かないーで」(←いちおう、替え歌です^-^;)冒頭、旦那からの電話を受けて、暗い表情で
「また課長さん来るの?もう1週間で3回目じゃない・・・」
と弱く抗議するヒロイン莉久。

で、1週間前の回想シーンに移って初めて大島課長が旦那とともに自宅にやってきて目をつけられた様子の描写。

一夜明け、旦那を送り出して掃除をしている莉久のもとに大島が相談があるとの口実で再来訪してから牙をむき、成績の悪い旦那のリストラをちらつかせながらのファーストレイプ。拒もうとはしているが、けっこう莉久の身体も反応している様子。
ショックで落ち込んでいたところに夫が帰宅、しかもまた大島帯同。
大島が顔を洗いに立つと席を立ち、タオルを持ってきた莉久に洗面所でイラマ。
莉久「身も心も穢されてしまいました」
・・・と独白して回想シーン終わり。

冒頭の、3回目の大島訪問(←実は4回目だが^-^;)は指導のおかげで旦那の仕事がうまくいったお礼に招いたもので、酒に弱い旦那だが機嫌良く飲んでつぶれてしまう。
後は牙をむいた大島がほぼやりたい放題で、隣室での強制自慰にはじまり、再びリストラをちらつかせ無理やり
「オ○ンコにお×んちんほしいです」
と言わせてから夫婦の寝室に移動。しゃぶらせた後にたっぷりの前戯で感じさせてから莉久に自分で上になって入れるように命令し、さらに自分で動かさせる。
することをしているうちにしっかり感じてきてしまった莉久が、はずみで結合が外れてしまった時に
「っ、抜かないで・・・」
と口走ってしまったのを聞きとがめられて、後は崩壊一直線。しまいには旦那を起こさないように声を押し殺すこともできないくらいに感じて何度も逝かされてしまう。

翌朝(土曜日?)、ベッドで目覚めた旦那が二日酔いで二度寝すると、大島が泊まった客間を訪れ、自らすすんでフ○ラチオしにいく完堕ちシーンでエンドだが、ちょっと急変しすぎで違和感が残ったのが残念。

ついこぼれてしまった「抜かないで」がきっかけで崩壊という流れが好みなので4点で。
ちなみに、レビュータイトルは中島みゆき「悪女(あくじょ)」の替え歌なのだが、この歌詞だと読み方は「アクメ」のほうがしっくりきますな(^o^;

このエロ動画はどうでしたか?