【不倫】 夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂

夫と暮らす果穂の自宅に、失業中の夫の親友・晋太郎が職探しの為、居候する事になった。密かに果穂に想いを寄せる晋太郎は、夫妻に夜の関係がないのを知ってしまう。気持ちを抑え切れなくなった晋太郎は、果穂に襲いかかってしまう。しかし、二人の関係は思わぬ展開に…。初回1,000円分の無料ポイントプレゼント!夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 – DMM.R18

パッケージ画像

夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 パッケージ画像

キャプチャー画像

夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 1枚目夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 2枚目夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 3枚目夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 4枚目夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 5枚目夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 6枚目夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 7枚目夫の親友に犯され感じてしまった私… かすみ果穂 キャプチャー画像 8枚目

雑誌掲載コメント

許されない関係だから燃え上がってしまう快感夫の親友である晋太郎が失業し、職探しの間、居候することになった。しかし、晋太郎は以前から妻の果歩を愛していた。ある日、ついに耐え切れなくなった晋太郎は果歩に襲いかかる。抵抗する果歩を犯してしまった後、晋太郎は以前から愛していたのだと告白。そして家を出ていこうとする。しかし、告白に心を動かされた果歩は、晋太郎と愛しあうようになってしまう。最初のカラミはレイプで、その後は愛情がこもったセックス。レイプでは、途中で逃げ出そうとするなど、すぐに感じてしまうようなウソっぽさはありません。しかし、心が通ってからのセックスでは、貪り合うような濃厚なものに。その変化をしっかりと見せてくれてるんですよね。さすがはキャリア10年のベテラン。演技力がハンパじゃないですね。夫がいる身でありながら、他の男に惹かれてしまう女の哀しみを肉体の反応で見せてくれてるんですよ。表情も大人の女の深みがあって大変色っぽいです! (月刊DMM – 安田)

動画を見た感想

平凡でイマイチかな”夫の親友に犯され感じてしまった私…” シリーズの殆どを視聴しての感想ですが、この作品は中々の出来だったと思いました。
かすみ果穂の演技がいつもの様に冴え、”犯されっぷり”が良かったです。
しかしドラマの構成や展開が迫力に欠けていました。ラストは台詞ではなく、かすみ果穂の演技で夫を裏切る背徳感のある人妻を表現して欲しかった。
シリーズ作品全員がベテランの演技派女優ですが、このタイトルなら若妻系でも成立するのでは・・・。

意欲的な構成だが…シリーズ14作目。基本軸は欲求不満の妻が好意を持つ夫の親友に犯されて、不倫関係に陥るというもの。

今作は、いつもと違った構成もあり、良作となっている。そのポイントとしては、ひとつは、これまで迫られて犯されたあと妻がすぐに夫の親友に抱きついて「本当は私も…」という不自然さがあったが、いったん犯されたあと親友が謝り、居候の家を出ようとするが、妻が引き止めて「乱暴にしないでやさしくして」と不倫関係になるという自然な流れになっていること。二つ目は、構成として冒頭にホテルで抱かれているシーンが置かれ夫の親友と不倫関係にあることが述べられて、その一ヶ月前、リストラにあって親友が居候になるシーンになり、最後に冒頭のホテルでのシーンへと繋がっている構成はいい。

ただ、この作品だけではないが、寝取られものの定番として酔っ払った夫が寝ている傍で二人が関係を持ち、夫は全く気がつかないという不自然極まりないシークエンスは、いいかげんやめにして欲しいので、この点はマイナス評価にした。確かに夫が傍にいていて燃え上がるというのは、不倫物としては求めたくなるというのはわかるが、もうひと工夫をして欲しい。もう一つは最初の犯されるシーンが必ずスソファアでといのも考えて欲しい。

かすみ果穂で「好き」のセリフ最高!かすみ果穂の作品の中でも群を抜く良い作品です。
作られたあり得ない話ではない「あるだろう」と思わせる本シリーズの設定で、感じてしまい、そして好きになる…
「好きよ」とかすみ果穂が言うセリフが、妻を持つ身としても、たまらなくおっ勃ちます。
あー!かすみ果穂が実際に妻だったらなぁ…っていうか、この中の奪う側の男になりてぇ!

このエロ動画はどうでしたか?